NGT運営に批判殺到!指原莉乃、近藤春菜、土田晃之ら著名人のコメントまとめ 

 

こんにちは。

 

連日話題になっている、NGT48山口真帆さんの暴行事件。

 

その黒幕ではないかと言われるメンバーが推測される中、事件や山口さんへの対応がおかしいとNGT運営に批判が殺到しています。

 

今回はNGT運営に対しての、著名人のコメントをまとめました。

 

 

スポンサーリンク

NGT運営に批判殺到!著名人のコメント

指原莉乃

 

 

 

近藤春菜

お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が11日、日本テレビ系情報番組『スッキリ』(毎週月~金8:00~10:25)に生出演。

NGT48の山口真帆が昨年12月、自宅玄関でファンを名乗る男性2人に押しかけられ、暴行被害を受けた事件について言及した。

春菜は「本当に考えられないことで、本当にびっくりしますし、怒りがこみ上げてくる」と険しい表情。

 

「山口さんは男性に襲われるというとてつもない怖い思いをしている上に、運営が認めたようにメンバーにも裏切られるっていう大きなショックを与えられている。

そんな中で、ツイッターとか拝見してたらメンバーに関する発言は削除されている。

なぜそこを削除されなきゃいけないのか」

と疑問を口にした。

 

続けて、

「運営の対応が遅すぎる。メンバーの関与を認めたならメンバーに対してどうするのか、ツイッターでも『処分してくれると言ったから信じて待っていたのに何もしてくれないから私が自分で発信しました』って書いていたけど、そうしなきゃいけない山口さんへの対応が本当にひどすぎる」

と運営側を批判。

 

「よく昨日、山口さんが表に出てお話しできたなと。まず傷を癒やしてあげないと」と話した。

さらに、

「ほかのファンの方のことも考えて、私が出ないと心配かけてしまうっていう思いもあると思う」

と山口の心情を推察。

「真面目にNGTのことをやりたい方なのに、こんなに傷ついているのが本当にかわいそうでならないです」

と沈痛な面持ちで語った。

ニコニコニュースより

 

 

スポンサーリンク

土田晃之

タレント、土田晃之(46)が11日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演し、NGT48・山口真帆(23)が昨年12月8日に自宅の玄関先でファンの男性2人(不起訴処分)から襲われた事件について、NGT運営側に「もっと重く受け止めなきゃいけない」と批判した。

土田は
 
「48グループって言ったら天下のアイドルグループの一つじゃないですか。
 
過去にも色々あったわけで、(運営が)変な対応している。
 
ちょっと考えられないですよね。
 
なんでこの子があえて自ら発信しなきゃいけないかわからないし。
 
それこそ刃物持ってたらどうしてたの?
 
結果がこれだったからまだ、もちろん心の傷はあるでしょうけど。
 
もっと運営は重く受け止めなきゃいけないんじゃないか」
 
 
と運営側を批判した。
Livedoor’ Newsより

小倉智昭

10日放送のフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で小倉智昭キャスター(71)は

「2人に襲われた恐怖感もあったでしょうし、それと同じグループのメンバーに言葉は悪いけど、売られてしまった、そこに対するショックの方が強かったのかもしれない」

と示していた。

こうした状況に小倉

「メンバーの一人が町で男の人に声かけられて、まほほん何時に帰る?って何時ですって言いますか?」

と運営側の発表に疑問を呈していた。

 さらに小倉氏は

「山崎なんかどう思う? 40数人、若い女の子がいたら、絶対グループができたりいろんな葛藤があると思うんだよ」

とフジテレビの山崎夕貴アナウンサー(31)に尋ねると

「しかも思春期の女性が多いですから、多分、いろんな人間関係があると思いますけど」

と山崎アナが漏らすと、コメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(33)が

「アナウンサーでさえ仲があんまりよくないって」と突然、割って入り、

「そこつなげなくていいですよ。ウチのアナウンス室は仲いいですけど」

と山崎アナをたしなめていた。

スポーツ報知より

 

 

スポンサーリンク

加藤浩次

 
お笑いコンビ極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が11日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月〜金曜前8・00)の生放送に出演。
 
新潟県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の山口真帆(23)がファンの男2人から暴行被害を受けた事件をめぐる運営サイドの対応などについて私見を語った。

 

加藤は
 
「実際の真実っていうのは僕もわかりませんけど、推測するに、運営側はもしそれが明るみに出てしまうと、NGTの活動っていうのがしづらくなってしまう、だからそれを内々にした方がいいんじゃないか、ということもうかがえる」
 
と運営サイドの意図を推測。公演の帰宅時間を教えたメンバーがいることを運営が認めたことには
 
「山口さんが謝罪して、なんでこのメンバーは何にもないの?って思うのは、僕は普通だと思うんだけど」
 
と疑問を呈した。そして、
 
「(運営が)今回対策を出したのが、防犯ベル、そして巡回するという。
 
え、そこ?って僕は思っちゃう。
 
こういったメンバーが中にいたら、そんなもん持たせても関係なくなるじゃん。
 
やんなきゃいけないのは、こういったメンバーがいなくなることでしょ」
 
と運営のとった対策に苦言。
 
 
また
 
「山口さん自身がNGTグループってのを守りたいって気持ちもあるし、それが公になるとこのグループばらばらになっちゃうんじゃないか、なくなってしまうんじゃないか、じゃあ私が黙ってればいいのかな、でも黙っているわけにはいかない、メンバーでそんなことを言った人がいるんだから。という思いってことだよね」
 
と山口の気持ちを推しはかり、
 
「これで終わりってわけには、運営側もいかないと思いますね」
 
と、問題解決への道は遠いと指摘した。

スポニチより

元AKB48増田有華

 

元AKB48の増田有華が11日、ツイッターを通じ、暴行事件を受けて再発防止策を発表したNGT48運営サイドを批判した。

今回の増田の投稿は一連の流れを受けてのもの。

 

「胸糞悪いニュースを見て。

思い出した。昔から大人は嫌いだって口癖だったな。

いまはもうわたし自身、大人になっちゃったけど。

大人というより、ガムテープで口を塞がれながら生きてるような人間のことを“大人”って呼んでたんだと思う。

今でもそんな“大人”を見ると情けない」

 

と投稿。

「防犯の範疇にない時に防犯ベルは取り出せないと思いますー。襲われてからじゃ遅いんや。いつの時代や」

と続けた。

 

さらに、

「これで最後にするけどさ」「部外者がすみません。でも私も家に入られて事件になったことがあったから、なんだか他人事に思えなくて、呟いてみます」

 

と前置きし、

 

「反省してないから、他人事だから、同じことが繰り返されるんだと思う。騒ぎになってしまったし、取り敢えず表立って謝っとくかってそんなのメンバーやファンの皆さんをバカにしてる。みんな馬鹿じゃないから分かるよねぇ。本音か嘘か、なんて」

 

と運営の対応を批判。

 

「命を預かってる事を忘れないでほしいですね。

これだけ大所帯なんだから、尚更。

ファンの方の言葉にすることでしか支えてあげられなくてもどかしいですとの声をたくさん見かけます。

伝えたいその子には、ちゃんと伝わってると思いますよ。

再発しないように、防犯ベルとかそういうのではなくて、ちゃんと向き合ってほしいです」

 

と見直しを求めた。

 

増田は2015年12月に放送されたフジテレビ系『芸能人つまずきビッグデータ』でストーカー被害を初告白。

AKB48時代にはファンからもらったぬいぐるみに盗聴器が仕掛けられたこともあり、自宅でくつろいでいる時に届いたメールに自身が部屋にいる時の様子を写した写真が添付されていたこと、転居届を出されて郵便物がストーカーの手に渡っていたことなどを打ち明けていた。

マイナビニュースより

 

北原里英

 

ウーマンラッシュアワーの村本大輔

 

お笑いコンビウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が11日、自身のツイッターを更新。昨年12月に男性ファン2人から自宅に押しかけられたNGT48の山口真帆(23)の事件について見解を示した。

 

村本は、山口の謝罪にネットで疑問の声というネット記事を貼りつけた上で

「原始時代だ 犯人を速攻、処罰して、ほかの次の悪の目に恐怖与えて二度とやらないようにさせないと」

とツイートした。

@niftyニュースより

 

映画監督の小林勇貴

 

NGT48の楽曲「春はどこから来るのか?」のミュージックビデオを監督した映画監督の小林勇貴さん(28)は、今回の事案に関するツイートをリツイートしながら、

  「心の底から反吐がでるよ」

と吐き捨てた。

 

柏木由紀

「柏木」の画像検索結果

 

AKB48柏木由紀(27)が11日、自身のツイッターでNGT48のメンバー山口真帆(23)が昨年12月、自宅の玄関先に押しかけた男2人から顔をつかまれるなどの被害を受けたとして、県警が暴行容疑で2人を逮捕していた事件についてコメントした。

 柏木は

「NGT48から発表がありました。

皆様には公式に発表をすると聞いていたので、その時をひたすら待っていました。

いろんな確認をして、私の言葉をお伝えするのが今になってしまいました。本当にごめんなさい」

と謝罪。

 

「同じグループのメンバーとして先輩として、早い段階で何も出来なかった自分が本当に情けなくて、メンバーのみんなにもファンの皆様にもただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ステージに立って頑張ろうとするメンバー全員の側にいることが、今の自分に出来る精一杯でした。

本当にごめんなさい」

とコメントした。

 

さらに

「ファンの皆さんに安心していただける言葉が今は思うように浮かばず、、皆さんにご心配をおかけしてしまっていることも本当に申し訳ないです。。

私が言える立場ではないのも分かっていますし、言葉もふさわしくないかもしれませんが、そんな皆様に恩返しできるようなグループになるよう、私に出来ることを一生懸命やらせていただきたいです。

今はこのような言葉しか伝えられず本当にごめんなさい。。

NGT48を、どうかこれからもよろしくお願いします」

とツイートした。

まとめ

多くの著名人のみなさんもコメントしているように、やはりNGT運営側の対応は不十分であり、誠意が見られませんね。

加藤浩次さんのコメント、

「(運営が)今回対策を出したのが、防犯ベル、そして巡回するという。
え、そこ?って僕は思っちゃう。
こういったメンバーが中にいたら、そんなもん持たせても関係なくなるじゃん。
やんなきゃいけないのは、こういったメンバーがいなくなることでしょ」
 
この言葉に激しく同感です!!
 
ネット上で様々な情報が飛び交う時代。
 
運営するのに有利な、表向きのコメントだけではもう通用しない時代なんですね。
 
 
勇気を持って告白した山口真帆さんの気持ちを無駄にしないためにも、メンバーやファンのみなさんにきちんと説明し、正しい処置と対応をしてほしいものです。
 

 

 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です