結局クロ?シロ?山口真帆事件の真相!事務所コメントにTwitter民「信じない!」

 

連日テレビやネットで報道されている、NGT48の山口真帆暴行事件。

 

被害者の山口真帆さん本人が、自らSHOWROOMで被害に遭ったことを告白し、このような騒動となりました。

 

この件について事務所からの発表はたった1度のみ。

 

それもまったく納得のいかないもので、この発表を受けて、ネット民は更に炎上。

 

腑に落ちない内容の上に、対応の遅さも相まって、著名人の方々も苦言を呈しています。

 

・NGT運営に批判殺到!指原莉乃、近藤春菜、土田晃之ら著名人のコメントまとめ 

 

 

今回は、NGTの事務所が表明したコメントと、世間の反応を比較し、真相を追求していきます。

 

 

スポンサーリンク

事務所が出したコメント

 

まずはこちらが事務所の発表したコメント全文です。

 
【コメント全文】
 
 
NGT48をいつも応援していただきありがとうございます。

今回、山口真帆に関わる一連の騒動について、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

先ず、山口真帆が被害にあった暴行事件についてご報告いたします。

 
昨年12月、ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行の容疑で逮捕されました。
新潟警察署が事件を捜査し、約1か月間NGT48劇場今村支配人も新潟警察署にできる限りの協力をいたしました。
そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました。

また、メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。

 
運営としては引き続き本件についての確認を続けてまいります。
また、3名の男達についてはグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしております。

当然のことながら、今回の事件を受けて山口真帆本人は精神的なショックを受けております。

 
今回このように山口真帆本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為であり、今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行なっていく所存です。

ファンの皆様、関係者の皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

株式会社AKS

 

 

スポンサーリンク

事務所コメントにTwitter民「信じない!」

 

ここでのポイントは3つです。

1,メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった

2.3名の男達についてはグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応

3.防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する

 

この3つの点で、ネットや著名人から疑問の声が多数挙がっています。

 

1,「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」って・・・ないでしょ!

 

このコメントには、タレントの小倉智昭さんが疑問を投げかけています。

 

「メンバーの一人が町で男の人に声かけられて、まほほん何時に帰る?って何時ですって言いますか?」

 

そしてTwitterでもこんなことが言われていました。

 

確かにそうですよね!

 

今どき、小学生でも“知らない人に何か聞かれても答えちゃダメよ!”って教わってます。

 

それをうっかり教えちゃった!ということで、そのメンバーの追求もなく、済まそうとしている?事務所の態度にはかなり疑問を感じますね。

 

 

 

スポンサーリンク

2.「3名の男達についてはグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応」ってそれだけ??

 

このように、逮捕された犯人はすぐに釈放され、ただの出入り禁止という軽すぎる処分に疑問の声が殺到しています。

 

起きたのは暴行事件。

 

なのに出入り禁止のみ??

 

例えイベント会場に入れなくとも、道で待たれたりしたらもうアウトです。

 

家までは厳重にマネージャーなどが付いて送る・・・というなら話は別ですが。

 

処分が軽すぎませんか?

 

 

3.「防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する」・・・はい?

 

もう「なに言っちゃってんの?!」というところですね。

 

少なくとも、もしかしたら最悪殺されていたかもしれない事件が起きているというのに、今更防犯ベルだなんて・・・。

 

これには著名人も同じことを言っています。

 

 

まずは加藤浩次さん。

 

「(運営が)今回対策を出したのが、防犯ベル、そして巡回するという。

え、そこ?って僕は思っちゃう。

こういったメンバーが中にいたら、そんなもん持たせても関係なくなるじゃん。

やんなきゃいけないのは、こういったメンバーがいなくなることでしょ」

と運営のとった対策に苦言。

 

 

本当にその通りです!!!

 

よく言ってくれました!泣

 

 

 

そして指原莉乃さん。

 

「防犯ベル、わたしは怖くて震えて、取り出すことさえできないと思う。。」

「それが自分の中で一番気になっていて。防犯ベルって、その瞬間に音が鳴るから警戒はできると思うけど、その場で誰がどうしてくれるの」

と苦言。

「すべてが軽いように感じます」

と運営側の対応を追及した。 

 

身内である指原莉乃さんからこんなことを言わせてしまうなんて・・・。

 

本当に、被害者である山口真帆さんのことを思っての対策とは言えないもの。

 

なぜ?

 

 

スポンサーリンク

結局クロ?シロ?まとめ

 

 

私の見解はクロです!!

 

まず、全体の対応が遅すぎます。

 

「対応が遅い=対策を練っている」

 

「対策を練る=隠蔽しなければいけない事実がある」

 

ということです。

 

 

隠蔽しなければいけない事実とは?Twitter民の見解です。

 

そしてこんな図まで出回っています。

 

つまり、NGTメンバーが関わっており、更には事務所も関わっているという見解。

 

山口さんがSNSで、メンバーが暴行するようそそのかしたと言っていることや、太野さんがSNSで山口さんへの挑発ともとれる投稿を何度もしていたことから、太野彩香さんが黒幕の1人ではないかと言われています。

 

太野彩香】黒幕説に信憑性?!4つの理由と衝撃の書き込み。山口真帆事件

 

これがもし事実だとしたら・・・

 

さすがに事務所は真実を発表できませんね。

 

恋愛禁止のグループで、責任者の今村支配人が、男性との関わりを容認していたことになりますから。

 

この事実を隠蔽するために、対応が遅くなっている?とも受け取れます。

 

そして苦肉の作として出たコメントがこれです。

 

これはボックスのタイトルです。

1.事件のきっかけ=帰宅時間を教えてしまった

2.犯人への処置=公演・イベント等出禁

3.今後の対策=防犯ベル・巡回強化

 

 

どれをとっても、見せかけだけのもの。

 

そして帰宅時間を教えたメンバーが処分されないのは、そんなメンバーはいないからです。

 

事務所コメントには「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」とあります。

 

この“道で”声をかけられたメンバーは存在しないということです。

 

だから処分のしようがないのです。

 

ネットで騒がれている書き込みが真実かどうかはわかりませんが、少なくとも事務所が出したコメントというのは信憑性に欠けます。

 

これはもう、ただの暴行事件ではなく、事務所、言うなれば組織絡みの闇ですね。

 

からすべての対応が遅い、そして、うわべだけの対策なのです。

 

ただ、インターネットが普及しているこの時代、一昔前のようにテレビや雑誌での情報だけがすべてではなくなりました。

 

もうどうやっても言い逃れはできないと思います。

 

この事態を沈静化するには、やはり、真実を述べ、きちんと被害者やファンに説明をすることです。

 

そうして、山口真帆さんの言う、「クリーンなNGT」を作り上げていってください。

 

それが誠意というものであり、もう残された道はそれしかないのだと、私は思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です