堀ちえみが舌癌の闘病を決めた理由は娘の「かわいそう」だった!金スマで語る。

堀ちえみ,舌癌,闘病,娘

先日、ブログでステージ4の舌がんを公表した堀ちえみさん。

 

22日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜よる8時57分~)に出演し、公表までの経緯や心情を語りつくしました。

 

 堀さんは先週、事務所関係者を通して番組に連絡したそうです。

 

「うたばん」や「UTAGE!」で共演した中居正広さんが司会の番組なら、安心して自分の言葉で語れると思ったのが出演のきっかけとのこと。

 

そこには、病気を公表し闘う姿を見てもらうことで、自分と同じ経験をする人を減らし、同じ病気で苦しんでいる人を勇気づけたいという堀さんの思いがあったようです。

 

また、堀さん自身、手術・闘病を前に全てを伝えて“がんに負けない決意”をはっきりさせることで、病と闘う力にしたいという気持ちがあったんですね。

 

 

スポンサーリンク

堀ちえみが舌癌の闘病を決めた理由は娘の「かわいそう」だった!

堀ちえみ,舌癌,闘病,娘,中居正広,金スマ

金スマに出演する堀ちえみさん

 

実は一度は「もういいかな」と考えたという堀さん。

その心情は・・・

 

「15歳で人より早く社会に出て、いろんなことを経験して、人より早く人生スタートして、人より早く人生全うしたんだと思ったら、私自身には悔いがない。

 

主人には申し訳ないですけど、精一杯生きてきたからもういいかなと思って」

引用元:Livedoor News

 

15歳から芸能界で活躍し、病気とも何度も戦ってきた堀さん。

 

私生活も離婚してシングルマザーになった時期もありましたよね。

 

いつでも一生懸命に、何事にも真剣に向き合ってきたという印象です。

 

そうでなければこの言葉は出てきませんよね。。。

 

しかし、『闘病はせず、緩和ケアをして静かに人生の幕を閉じよう』と、そこまで考えていた堀さんの気持ちを変えたのは、末娘さんの言葉でした。

 

「せっかく何度も病気治してきたのに、今度はがんなんてお母さんが可哀想すぎる」

引用元:Livedoor News

 

こう言って号泣した末娘さん。

 

この言葉を聞いた堀さんは、『子どもたちにかわいそうと思われたまま死ねない!』と思ったそうです。

 

「かわいそう」という言葉は、深く同情しているようで、時に失礼になってしまう時もありますよね。

 

でも子どもはホントよく使います!悪気なく使います。

 

うちの子どももよく「お母さん、かわいそう!」と言いますが、私は言われるたびに複雑な気持ちになり、

「お母さんは、かわいそうではない。」と返します。笑

 

私の話はどうでもいいのですが、私も言われるたびにそう返すので、堀さんの気持ちがなんとなくわかるような気がしました。(一緒にされたくない・・・?笑)

 

“母のプライド”という部分もあるのかなと・・・。私ならそうだと思います。

 

実際のところはわかりませんが、

 

結果的にこの言葉が堀さんに生きる決意をさせたことは間違いありません。

 

子どもの言葉ってすごいなぁと感じました。

 

 

スポンサーリンク

金スマ収録日に行われた手術。その内容は?

堀ちえみ,舌癌,闘病,娘,中居正広,金スマ

金スマ放送日が手術の日

 

22日には手術です。

舌の半分以上を切除。

首のリンパに転移した腫瘍も、同時に切除します。

切除した舌には、自分の皮膚の一部を、移植します。

一度の手術でこれらを、全て済ませます。

口腔外科と形成外科の合同チームの手術で、12時間以上掛かると、聞いております。

先生方を信頼して、身を委ねてお任せしたいと思います。

引用元:堀ちえみさんブログHori-day

 

12時間にも及ぶ大手術ですね。

 

舌を半分以上切除して、その部分に自分の皮膚の一部を移植・・・。

 

そんなことができるんですね。。。

 

舌だけでなく、首のリンパの腫瘍も切除とのこと。

 

これだけの手術をいっぺんに行うのは、素人の私にも相当大変だということはわかります。

 

癌の進行が早く、堀さん体力もあるからこその決定なのでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

堀ちえみ,舌癌,闘病,娘,中居正広,金スマ

 

娘さんの言葉で、生きる決意をした堀ちえみさん。

 

病気と向き合い、闘っていくことは想像以上に大変なことと思います。

 

それでも頑張っていくと決めた堀さんを精いっぱい応援したいですね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です