吉本興業の問題は教育だけ?契約書に触れない会長コメントに「吉本自体が問題」の声!

吉本興業,社長,コメント,契約書

吉本興業のタレント、宮迫博之さんや田村亮さんなど多数の芸人が参加したという闇営業。

仲介した入江慎也さんは解雇、他の芸人さんたちも謹慎処分となっている中、吉本興業の大崎洋会長がコメントを出しました。

「本当に申し訳なく思うし、個人的にはじくじたる思いもある」と思いを語りましたが、その内容にネットでは「問題はそこじゃない」との声が多数。

今回はその大崎洋会長のコメントを見ていくとともに、ネットの声も取り上げていきたいと思います。

吉本興業の大崎洋会長「教育に問題あり」とコメント

吉本興業,社長,コメント,契約書

こちらが大崎会長が出したコメントの内容です。

コンプライアンス教育について

吉本興業ホールディングスの大崎洋会長は28日、所属芸人が反社会勢力の集まりに出席した「闇営業」問題について

「本当に申し訳なく思うし、個人的にはじくじたる思いもある」

と謝罪し、再発防止に全力を尽くすと誓った。

訪問先のバンコクで共同通信の単独インタビューで答えた。

問題発覚後、同社トップがメディアに答えたのは初めて。

引用元:日刊スポーツ

「本当に申し訳なく思うし、個人的には”じくじたる”(自分の行いや言ったことについて自分で恥ずかしく思うこと)思いもある」

とコメントした大崎会長。

これまでの、コンプライアンスについての取り組みに問題があったと言及しています。

大崎氏は

「(会社を)非上場とし、反社会勢力の人たちには出て行ってもらった。

 関わった役員や先輩も追い出し、この10年やってきたつもり」と指摘。

所属芸人への教育については、コンプライアンス(法令順守)の冊子も作って多数の所属タレントに年間を通じて説したが「このざまだ」とし、取り組みに問題があったとの認識を示した。

引用元:日刊スポーツ

冊子を作って所属タレントに説明していたという大崎会長。

「このざまだ」という言葉が、どこか他人事のようで気になりますが・・・。

再発防止策について

再発防止策については

「1人1人の顔を見ながら、現場に足を運んでいくことを繰り返す。

 気づいたところは注意し合う」

と強調し、新たな防止システムを作るとした。

「不安に感じたり、おかしいところはすぐオープンにして上に伝えたり、社内で共有するようにしたい」とも話した。

引用元:日刊スポーツ

大崎会長が現場に足を運び、注意し合う、なにか違和感を感じたら社内で共有。

この”共有”は、今までできていなかったのであれば、かなり難しいのではないでしょうか・・・。

もともと「闇営業」は会社を通さずしている仕事なので、その先で違和感を感じて上に伝えるって、なんだか矛盾している気がします。

指摘について

タレント数に比べてマネジメントする社員が少ないとの指摘については

「現場のことを知らない評論家の言葉。 短絡(的)な現象だけ見た言葉だ」

と反論。

 

調査結果の全てを明らかにしていないとの批判には

「(情報の)確度を高くするには時間がかかる」

と釈明し、全容が分かった際には速やかに公表する考えも示した。

 

国内で記者会見を開かなかったことについては

「何でもかんでも記者会見で話をしてというのが今の日本の風潮だが、それが唯一の方法とは思わない。

(27日に発表した)『決意表明』の中に僕や全社員の思いは書けていると思う」

と説明。

「これからの僕らの仕事ぶりを見て判断していただきたい」

と述べた。(共同)

引用元:日刊スポーツ

大崎会長は、タレント:社員の比率や調査結果の開示、記者会見についてコメントしています。

タレントは約6000人、そして社員は約1000人という吉本興業ですが、このコメントからは問題ないと取れるコメントですね。

調査結果は分かり次第開示、記者会見については『決意表明』で十分だというお考えです。

ちなみに吉本興業が出した『決意表明』を一部抜粋しますと・・・

この度の所属タレントの件によりファンの皆様及び関係先各位には、多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、まずは心よりお詫び申し上げます。

 

弊社はこれまで下記のように全社的にコンプライアンスの徹底と反社会的勢力の排除に取り組んでまいりましたが、この度の件を受け、社員・タレントが一丸となってコンプライアンス遵守の徹底を図ります。

 

本件のような事態を起こしてしまった結果からして、これまでの弊社におけるコンプライアンスへの取組みや方法では十分にカバーしきれない面があったことは否めず、弊社はこの点を認め、真摯に向き合い反省します。

 

二度とこのような事態が起こらないよう、改めてタレントに対するヒアリングを実施し、そこでコンプライアンスに反する関係や行動が判明し疑義が生じた場合には、徹底的に明らかにしたうえで速やかに対処いたします。

引用元:吉本興業株式会社HP

という内容のものです。

ですが、今「闇営業」とともに話題になっているのは”契約書”。

吉本興業は、芸人さんたちと”契約書”を交わしていないと、所属芸人さんたちが公表しています。

これまでの大崎会長のコメントや決意表明を見ても、”契約書”については一切書かれていないですね。

記者会見についても、この『決意表明』があるので必要ないと大崎会長は言っていますが・・・

本当は”契約書”についての質問が、記者から出る可能性があるからなのでは?と、個人的には思ってしまいました。

【動画】グッデイで吉本興業を批判?!北村弁護士コメントがヤバイ!慌てる安藤優子に「忖度?」の声

契約書に触れない会長コメントに「吉本自体が問題」の声!

大崎会長のコメントを受けて、ネットでは「吉本自体が問題」との声が多数見受けられました。

やはり”契約書”を交わしていないことが問題、生活できないほどギャラを持っていっている等、会社としての有り方を問う声が多いですね。

襟元を正さずに、所属タレントにのみ教育をしていくという大崎会長の姿勢に、違和感を感じずにはいられません。

まとめ

”吉本興業の問題は教育だけ?契約書に触れない会長コメントに「吉本自体が問題」の声!【闇営業】”についてまとめました。

もちろん反社会的勢力との関わりや、参加した芸人が嘘をついていたことは、コンプライアンス教育が足りなかったということだとは思います。

ですが根本的に、会社の体質がそうさせていると思わざるを得ないところがあるのは確かです。

今後、吉本興業はどのように対応していくのか、注目されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です