【茨城県神栖市の女子大生行方不明】広瀬晃一容疑者を逮捕!犯人顔画像

去年11月頃から行方不明になっている東京葛飾区の薬科大女子大生と見られる遺体が、茨城県神栖市で見つかりました。

 

この事件の犯人が先程逮捕されたとのことです。

 

スポンサーリンク

【茨城県神栖市の女子大生行方不明】広瀬晃一容疑者を逮捕

 

日本薬科大1年の女子学生(19)が昨年11月から行方不明になっている事件で、警視庁は31日未明、失踪直前まで一緒にいた男の供述に基づき、茨城県神栖市の空き地で女子大生とみられる遺体を発見した。

同庁は同日、神栖市深芝南、無職広瀬晃一容疑者(35)を死体遺棄容疑で逮捕。

広瀬容疑者は女子大生殺害についても認めており、同庁は殺人容疑でも事情を聞く。

 

 行方不明になっているのは、東京都葛飾区、日本薬科大1年の女子学生。

栃木県栃木市出身で、昨年春から東京で一人暮らしをしていた。

警視庁は、歯型などで身元の照合を進めている。

 

 発表によると、広瀬容疑者は昨年11月20日頃、自宅から約13キロ離れた神栖市須田の空き地に遺体を遺棄した疑い。

 

 調べに対し、遺体は女子大生だと説明し、「騒がれたので車の中で殺し、穴を掘って埋めた」と供述している。

 女子大生とは、インターネットの掲示板で知り合ったという。

 

 女子大生は昨年11月20日午前、文京区の大学キャンパスで授業を受けた後、東京から電車でJR鹿島神宮駅(茨城県鹿嶋市)に向かった。

同駅からタクシーで神栖市のコンビニ店駐車場に移動して以降、足取りがわからなくなっていた。

 

 女子大生は同日夜、無料通話アプリ「LINE」で「男の人に会いたいと言われている」と知人にメッセージを送った。

しかし、午後11時以降はメッセージは既読にならず、警視庁はこの頃、殺害されたとみている。

 

 警視庁は今月24日、女子大生が失踪前に連絡を取っていた広瀬容疑者宅を逮捕監禁容疑で捜索し、使用していた車を押収した。

 

 広瀬容疑者は当初、女子大生について「自分の家の前まで来たが帰った」と説明していたが、30日になって殺害を認めたという。

広瀬容疑者が、女子大生の遺体を埋めたと供述した空き地を警視庁が捜索したところ、31日午前1時半頃、土中から遺体が見つかった。

 

女子大生は、この空き地付近で携帯電話の位置情報が途絶え、警視庁が一度、捜索していたが、当時は遺体は見つからなかった。

 

 発見現場近くで農業を営む男性によると、31日午前0時過ぎ、警視庁の捜査員らが自宅を訪れ、「畑付近を改めて捜索させてほしい」と依頼された。男性は「人通りが少ない場所なので驚いた」と話した。

引用元:YOMIURI ONLINE

 

まだ容疑者の段階ではありますが、ここまで細かい供述をしているのであれば、もう間違いないというのが筆者の見解です。

 

 

 

スポンサーリンク

犯人とみられる広瀬晃一容疑者の顔画像

こちらが広瀬晃一容疑者の顔画像です。

 

そしてこちらが卒業アルバムに載っていた広瀬晃一容疑者です。

 

 

頭の変化以外はほぼ同じですね。活発ではない感じが印象的です。

 

無職という広瀬晃一容疑者。

 

女子大生はなぜこの人に会いに行ってしまったのか・・・?

 

また、男性がなぜ会いたいと言ったのか、その動機も気になるところです。

 

 

 

まとめ

 

今朝の遺体発見からのスピード逮捕。

 

広瀬晃一容疑者の車を押収したり、家宅捜査をしたりと、警察はある程度容疑を固めていたのだとは思います。

 

供述通りの現場で遺体を発見したことから、逮捕に至ったと思われます。

 

広瀬容疑者の供述を見る限り、自分勝手で冷徹な人間のようですね。

 

被害者の親御さんのお気持ちを考えると、いたたまれないです。。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です