栗原勇一郎をかばう実家の両親。児相訪問時、心愛ちゃん友達悪者に?! 

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

千葉県野田市で小学校4年生の女の子、栗原心愛ちゃんが死亡し、両親が逮捕された事件で、警察は父親が以前にも心愛ちゃんにケガをさせていたとして傷害の疑いで再逮捕しました。

この事件は、1月24日、心愛ちゃんが自宅で死亡しているのが見つかり、父親の栗原勇一郎容疑者と母親のなぎさ容疑者とも傷害の疑いで逮捕されています。

一時は栗原勇一郎の実家に保護されていた心愛ちゃん。

ですが、そこは心愛ちゃんにとって居心地のよいところではなかったようです・・・。

2月14日に発売された週刊文春に、栗原勇一郎の両親について書かれていましたので、その記事を元に、栗原勇一郎の両親について探ってみようと思います。

スポンサーリンク

千葉小4事件・アンケート実施後、栗原勇一郎の実家に保護された心愛ちゃん

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待

週刊文春にはこのように書かれていました。

野田市の小学校へ転入してから二ヶ月経った11月、心愛ちゃんは学校のいじめアンケートに

「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」

とSOSを記した。

担任が聞き取った際のメモ書きにはこう残されている。

〈あたま→なぐられる10回(こぶし)〉

〈口をふさいで ゆかにおしつける→自分の体だいじょうぶかな〉

小学校からの通報で柏児童相談所がすぐに心愛ちゃんを保護。

しかし、年末には「親族宅ならば大丈夫」(児相)と判断され、心愛ちゃんは栗原勇一郎の父と母、妹とその子どもが住む家で生活するようになる。

引用元:週刊文春

勇気を出して書いたアンケート。

一時保護され、その後栗原勇一郎の実家で生活するようになります。

ですが、アンケートのことが栗原勇一郎の耳に入り、逆鱗に触れてしまいます。

スポンサーリンク

実家に児童相談所が訪問、心愛ちゃん友達悪者に?!

小学校でアンケートが実施されたことを聞きつけた栗原勇一郎は、翌年1月12日、学校を訪れ、目を吊り上げてこうまくしたてた。

「家族を引き離された気持ちがわかるか!

一時保護が解除ということは、もう暴力がないということですよね」

「名誉毀損だ」

「訴訟を起こす!」

その三日後、恫喝に屈した野田市教育委員会はアンケートを栗原勇一郎に渡してしまう。

用元:週刊文春

とにかく周りを威圧する栗原勇一郎。

「訴訟」や「訴える」という言葉をなんども繰り返していたようです。

2月26日、児相の担当者が栗原勇一郎の実家を訪問。

その際、栗原勇一郎の父親は息子をかばったという。

「事前にアポを入れていたにも関わらず、栗原勇一郎の父親は『何をしに来たのか?』と言い、

『一時保護に納得がいかない。心愛が悪い友達にそそのかされて(アンケート)を書いたのではないか』と、担当者に詰め寄ったそうです。

その発言を同室で聞いた心愛ちゃんは驚き、泣きながら部屋を出ていってしまった。

その後、部屋に栗原勇一郎が入ってきて、心愛ちゃんが書いたという文書を見せられたのです。」

(児相関係者)

文書には

〈お父さんに叩かれたというのは嘘です。ずっと前から早く4人で暮らしたいと思っていました。

お父さんに早く会いたいです。児童相談所の人にはもう会いたくないので来ないでください。〉

などと綴られていた。

引用元:週刊文春

この情報が100%正しいのかといえば、実際のところ、私にもわかりません。

ですが、こう考えると辻褄が合ってしまうのもまた事実。

栗原勇一郎の父親は、まったく息子を疑っていないんですね・・・。

孫の友達のせいにしようとしていた。

理由があるからこその一時保護なのに、その真実は見ようとしなかったのでしょうか。

その理由よりも息子を悪者にしないように、という姿勢が見られますね。

そんなふうに育てられたら・・・

自分のやることは何一つ間違いないと勘違いさせてしまう要因になる・・・。

ということは、やはり栗原勇一郎は甘やかされて育ったのか?!と、推測しました。

栗原勇一郎の執着は凄まじい!なぎさにしていた束縛とは・・・?

これが離婚理由?栗原勇一が栗原なぎさにした束縛の度合いがヤバイ!

スポンサーリンク

まとめ

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

「これ以上家族を引っ掻き回すようなことをすると、組織としてだけでなく、職員個人として訴えますよ。

名誉毀損も検討します。」

そう言って、児相をも威圧していた栗原勇一郎。

心愛ちゃんが勇気を出して書いたアンケートも、避難した先の実家の祖父母も、心愛ちゃんの頼りにはなってくれませんでした。

心愛ちゃんはどれだけ苦しかったことでしょう。

体だけでなく、心もたくさん苦しかったことと思います。

最後まで苦しみながら死んでいかなければならなかった心愛ちゃん・・・。

そう思うと、胸が苦しくなります。

これは絶対に「躾」ではない・・・!

せめて天国では、幸せに暮らしてね、心愛ちゃん。。。

 

スポンサーリンク

10 Comments

悲劇

このくずに同じ暴行を味わせた上、死刑判決すべきだ。
教育委員会の担当者、関係者はもクビだ。秘密情報を漏洩したのは、刑務責任があるのでは(怒)

返信する
mayupon

心愛ちゃんと同じ苦しみを味わうべきだと私も思います。
そして傷害致死罪ではなく、殺人罪にするべきだと個人的には思います。
アメリカでは虐待死に至らせた機関にも刑が課せられるみたいですね。
日本ももうそこまでしないといけないですよね・・・。

返信する
アホ

もちろん死刑を望むが、あいにく有期刑になることを想定して、栗原勇一郎という超悪名高き鬼畜親父の名前をみんなで丸暗記しましょう!そして、出所したら刑務所内以上に強烈な総スカンを社会全体で死ぬまで思いっきり食らわせましょう!

返信する
アホ

もちろん死刑を望むが、あいにく有期刑になることを想定して、栗原勇一郎という超悪名高き鬼畜親父の名前をみんなで丸暗記しましょう!そして、万が一出所した場合は、
刑務所内以上の強烈な総スカンを社会全体で死ぬまで食らわせましょう!

返信する
冬子

文春の記事は読みましたが
勇一朗を擁護するだけの父親も
息子の勇一朗がここまで残忍な犯行をするとは
思っていなかったかも。
今頃、何を思うか知りたいところです。

他の情報によると、勇一朗は、
もともと弱いものいじめを平気でしていた
そうなので、根っからの虐待好き?
それを止める者が身近にいなかったのも
今回の件につながったような。

学校で起こる、いじめ自殺事件でも
バカ親は加害の生徒をかばい続けますからね。

返信する
mayupon

確かにそうですね。
まさか自分の息子が孫の命を奪うまでに残虐なことをするとは、思わないですよね・・・。

勇一郎も、勇一郎の両親も今頃何を思うのか・・・。

コメントありがとうございました。

返信する
ゆうか

何で子作りした
何で産んだ
こんな事するだったら
初めから生むな
それなのに
もう1人いるなんて
初めから産む資格もない人に
よくもまーぁ
もう1人産んだね
なんちゅー奴らや
でもね
何故
母親の両親にあずけないで
よりによって父親の両親にあずけるような事したの
子供助けると言いながら
助けてないと一緒
可哀想に案の定孫より息子の見方するから
こんな状態になって
今となったら後悔するよりも
影で喜んでるしか考えられない
ほんまに
災難よね
この父親死刑にするよりも
心愛ちゃんと同じ目に会わせて
死刑にしてほしい
心愛ちゃん
ご冥福をお祈り致します

返信する
きのした

このバカ親の住所と氏名も教えて下さい
やっぱりこの糞男は甘やかされて育っていたのですね
この糞虫 すぐ出てくるだろうから出てきたら皆でこいつをイジメてみませんか
反抗したらこう言ってやるのです
「イジメていいのはイジメられる覚悟がある人だけです 覚悟がなかったというのは理由にならない」 と言い返してやりましょう
もちろんこいつに対するイジメは辞めてはいけません
こいつは小学校の頃 弱い女の子をとことんイジメていたわけですからとことんまでイジメてやるのです
良心の苛責など感じる必要などありません
これは正義の制裁です
法では軽い刑罰でもこちらがそれ相当の刑罰を与えるべきです
クソ親がかばったりしたら言ってやりましょう
「お前らのしつけが悪いからこうなった」と

返信する
せきね

このバカ父親と庇ったバカも死刑だ。

次女の子は保護して二度とバカ親に会わせないようにしないと行けない。

心愛ちゃんのご冥福をお祈りします。

返信する
ゆきこ

あの男は死刑になればいいんだわ… この二重人格! 罪のない子供を虐待してかわいそうだ バッカヤロー 顔見ただけでムカツク あの男には死刑を求める

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です