栗原勇一郎の鬼すぎる虐待と性格がヤバい!精神障害の疑いもあるか?野田市へ引っ越したきっかけ

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

心愛ちゃんが亡くなってから、もうまもなく1ヶ月が経とうとしています。

次から次へと信じられないような事実が出てくるこの事件に、胸を痛めている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

それでもまだ出てくる新たな情報・・・。

今回は、週刊文春に載っていた、栗原勇一郎の鬼としか言いようのない虐待と、野田市に引っ越した理由がもう精神障害なんじゃないか?!という内容について迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

栗原勇一郎の鬼すぎる虐待と性格がヤバい!

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

これは一度、勇一郎となぎさが離婚し、再婚する前の話です。

栗原勇一郎は、なんと再婚前から心愛ちゃんに虐待をしていました・・・!

再婚前、心愛ちゃんとなぎさが2人で住むアパートに勇一郎が出入りしていた頃、心愛ちゃんは親しい友達にこう打ち明けていた。

 

「お父さんは裏表がある」

「お母さんがいないと、ずっとパーで殴られる。痛くていつも泣いている。」

「でも、お父さんは優しいよ。自分が言うことを聞かなかったのが悪いんだ。」

引用元:週刊文春

栗原勇一郎は再婚前、なんとアパートに転がり込んでまで虐待をしていました!!

しかも、なぎさの目を盗んで・・・!

本当に最低です。

これが心愛ちゃんへの虐待の始まりかもしれません。

栗原勇一郎の虐待はどんどんエスカレートしていきます。

鬼父・栗原勇一郎が心愛ちゃんにした虐待の一部始終が辛すぎる…全容

なぎさは気づかなかったのでしょうか?

この後に、2人は再婚をしてしまいます。

気づいてたら、再婚はしませんよね・・・?

そして再婚後、次女を出産。

そのころには・・・。

再婚後、なぎさが次女を出産して体調不良で入院していた小学3年生の頃には、背中に大きなアザができていたのを目撃されている。

「なぎさが虐待を止めようとすると、『俺が保護者だ』と睨みつけられ、制止できなかったと言います。」(親族の知人)

引用元:週刊文春

この時に、なぎさが心愛ちゃんを連れて逃げていれば・・・!

そう思わずにはいられませんが、何か事情があったのでしょうか。。。

なぎさは束縛されていたという疑いが。

これが離婚理由?栗原勇一が栗原なぎさにした束縛の度合いがヤバイ!

スポンサーリンク

栗原勇一郎は精神障害?野田市へ引っ越したきっかけ

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

2017年7月、なぎさの親族が糸満市役所を訪れ、DVや虐待の可能性を訴えた。

市が調査しようと動き始めたのですが、勇一郎は家庭訪問のアポイントを

『娘の用事があるので』

『千葉の実家に帰るので』

などど、理由をつけて断っていた。」

沖縄での最後の職場となった観光PR会社も、2017年8月に突然、やはり「自己都合で」退職している。

「退職後すぐ、入院しているなぎさを置いて、自分の実家がある野田市へ引っ越してしまったのです。

心愛ちゃんと次女をまるで人質のように連れて、逃げるように。」

引用元:週刊文春

栗原勇一郎は、自身にDVや虐待の疑いがかけられると、なにかと言い訳をして糸満市のアポイントをすり抜けていたようです。

そして逃げるように千葉県野田市へ。

しかもなぎさの入院中に、子どもたちだけ連れて・・・。

一体何なんでしょう?

DVや虐待が周囲にバレないように、そしてまるで暴行を続けたいがために点々と引っ越しを続ける勇一郎。

この人が“暴行できる対象”を欲しがっていたことは確かなのではないでしょうか・・・。

これが精神障害でなかったら、なんだというのでしょう?

本当に許せません。。

スポンサーリンク

まとめ

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

父親に虐待され、亡くなった栗原心愛ちゃん

栗原勇一郎の鬼すぎる虐待と、その性格・・・。

やはり精神障害の疑いはありますよね。

それでも心愛ちゃんは「自分が言うことを聞かなかったのが悪いんだ」と笑顔を見せていました・・・。

本当に切なすぎます。

きっとこんなにひどいことをされても、父親のことは嫌いではなかったのではないかと、この笑顔からはそんな純粋な気持ちが伝わってくるような気がします。。。

もうどれだけ後悔しても、心愛ちゃんの命は戻らない・・・。

栗原勇一郎が自分のやってしまったことの重大さに気づくことを願ってやみません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です