栗原勇一郎は職業変わりすぎ!生い立ち、経歴、両親の職業まとめ  

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、また新たな証言が出てきました。

母親のなぎさ容疑者(32)が、心愛さんが昨年12月下旬に親族宅から自宅に戻る際、両親の前で

「帰りたくない」などと泣いて訴えていた

という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかったそうです。

県警は、父親の勇一郎容疑者(41)がこうした言動に立腹し、再逮捕容疑となる暴行に及んだ可能性があるとみています。

こんなにはっきりと、自分で訴えていた心愛ちゃん・・・。

心愛ちゃんはいつでも必死に、周りの大人に訴えていました。

なのに・・・。

何人もの大人が関わっていたはずなのに助けられなかったというのは、本当に問題だと思います。

そして今回、栗原勇一郎の生い立ちや経歴、両親の職業などが週刊文春により明らかになりました。

その内容を抜粋してお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

栗原勇一郎は職業変わりすぎ!ニート時期も。時系列

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

栗原勇一郎の記事を読んでいると、職業が転々としていることに気づきます。

記事からわかるだけでも7ヶ所。

その理由はほとんどが「自己都合」で、その間、働かずになぎさの貯金を食いつぶしていた時期もあるようです。

大学卒業後から、追っていきたいと思います。

1.JALの子会社「JALメンテナンスサービス」

大学を卒業した後は、JALの子会社「JALメンテナンスサービス」に就職するも、数年で退社する。

その後、東京にあるガスや電気工作機器などを販売する会社の営業職に就く。

引用元:週刊文春

後に紹介しますが、父親も母親も空港関係の仕事をしていたようです。

それが理由かはわかりませんが、栗原勇一郎の最初の職業も空港関係。

しかし数年で退社することとなったようです。

2.ガスや電気工作機器などを販売する会社の営業職

「父親の知人の紹介で入社しました。

大田区の営業所に勤務し、営業成績は可もなく不可もなくというレベルだったと記憶している。

3年程働いたが、ある日突然、『仕事の内容が自分には合わないので、とりあえず辞めたい』と言い出し、2007年に辞表を出してきました。」(会社関係者)

引用元:週刊文春

父親の知人の紹介で入社したという営業所。

3年は頑張ったようですが、やはり続きません。

3.なぎさの貯金を食いつぶす

2011年に離婚するまでの期間についての職業は、詳しくわかりませんでしたが、なぎさが独身時代にコツコツと貯めていた貯金150万円程を食いつぶす、という情報がありました。

人の貯金を食いつぶす上に、妻にDVをする。

『お前は無能だ。何もできないバカだ。』と罵る・・・。

本当に最低ですね・・・。

そして離婚後も沖縄に居座り、職を転々とします。

4.那覇空港の売店

こちらも数年か一年未満で辞めているとのこと。

5.うるま市のコールセンター

こちらも同じく短期間で退職。

スポンサーリンク

6.新石垣空港の旅客カウンター業務

「うちでは搭乗手続きや荷物を預かる旅客カウンターの仕事をしていた。

勤務は2015年10月から2016年2月までと半年にも満たない。

辞めた理由は『自己都合』で、他の会社もそうだったと記憶しています。」

(新石垣空港の会社関係者)

引用元:週刊文春

こちらは半年も経たずに辞めてしまったようですね。

嫌だと思ったら辞める、そしてまた嫌だと思ったら辞める、の繰り返しなんですね・・・。

7.沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)

2016年に沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)に就職した栗原勇一郎。

ですが、2017年に8月に突然退職します。

理由は「自己都合」です。

そしてこの退職後すぐ、入院中のなぎさを置いて、野田市に引っ越しています。

栗原裕一郎の鬼すぎる虐待と性格がヤバい!精神障害の疑いもあるか?野田市へ引っ越したきっかけ

8.OCVB東京事務所嘱託職員

そして逮捕前の職場がこちらです。2018年4月から勤務していたという栗原勇一郎。

職場ではとても穏やかで、会話も流暢にし、コミュニケーション能力が高いと言われていました。

その評判からラジオにも出演。音源はこちらから聞けます。

栗原勇一郎はラジオに出演していた!二面性がヤバすぎる!音源動画あり

スポンサーリンク

栗原勇一郎の両親の職業は?

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

1977年生まれの勇一郎は、8歳の時、野田市の現在の実家に引っ越してきた。

「父親は長年、成田空港で飛行機の整備の仕事をしており、定年後はデパートでアルバイトをするなど精力的な方です。

母親はキャビンアテンダントだったという話を聞きます。」(近隣住民)

引用元:週刊文春

父親は飛行機の整備の仕事、母親はキャビンアテンダント。

栗原勇一郎の両親は空港で出会ったのかもしれませんね。

勇一郎も一度は空港関係の仕事に就きますが長くは続かず。

スポンサーリンク

栗原勇一郎の生い立ち

これまでの情報では、

出身小学校:千葉県野田市立二ツ塚小学校

出身中学校:千葉県野田市立福田中学校

というところまでわかっていました。

「スポーツ好きの父親の影響で、勇一郎君は少年野球団に入っていて、ユニホーム姿で走って練習に行くのをよく見かけました。」(近隣住民)

引用元:週刊文春

野球少年だったという栗原勇一郎。

これだけ聞くと、本当に普通の少年ですよね。

ただ、他の情報では同級生をいじめていたという話もありますので、小さい頃からそういった一面もやはりあったのかもしれません。

その後は、

地元の中学校を出た勇一郎は、埼玉の私立高校に進学。

引用元:週刊文春

高校名まではわかりませんでしたが、どうやら英語クラスに通っていた模様です。

そして大学に進学。

現在調べられた情報はここまでです。

また何かわかりましたら、追記していきます。

スポンサーリンク

まとめ

千葉小4,心愛,みあちゃん,虐待,栗原勇一郎

栗原勇一郎の経歴や両親、生い立ちなどについて調べてみました。

職を転々とする・・・という特徴が見られた結果でしたが、私には仕事内容よりもDVや虐待することにフォーカスして仕事は二の次な印象に見えました。

そのことだけを生きがいにしている・・・そんな人が本当にいるならば、怖くてたまりません。

ちなみに栗原勇一郎は常に黒ずくめ。

普段の服装は黒いジャージか、黒いジャンパーと黒いズボンだったそうです。

全身黒ずくめの人は信用できないとどこかで聞いたこともありますが(これは単なる迷信かもしれませんね)、常にすべてが黒って、やはりちょっと怖い印象はありますよね。。

そして、愛車はホンダのファミリーワゴン「N-BOX」。

こちらも色は黒だったそうです。

これは栗原勇一郎の心の闇を現しているのか・・・?

黒が好きでも素敵な人はたくさんいますから、一概には言えませんが、栗原勇一郎の場合は何か黒の意味するところがありそうですね。。。

 

スポンサーリンク

6 Comments

通りすがりの者

読み応えのある記事を読ませていただきました。こんなに職を転々としていたんですね…両親の仕事からも栗原容疑者はパイロットや管制官を目指していたのかもしれませんね。ところが成績は良くなく、両親の期待に応えられなかった。そしてコンプレックスを抱えていった…
なんて想像してしまいました。
まだなんとも言えませんが、続報があればまた記事にしてくださいね。

返信する
mayupon

コメントありがとうございます!
そして記事のリクエストもありがとうございます^^
いろいろな続報は出てくるものの、勇一郎容疑者自身が黙秘しているので、想像ばかり膨らんでしまいますよね。
またなにか情報が出てきたら、記事を書きますね!

返信する
匿名希望

精神疾患だったというのはあり得ますね。
人格障がい者の可能性がありますね。

元々何をするのでも自分の気分で動き気に要らなければ辞める。
そして都合が悪くなれば嘘をつく、自分をよく見せようと作り話。

わたしの知り合いでも精神疾患の人格障がいの元知り合いがいましたが腹いせに個人情報撒き散らされたことがありますね。

わたしの元知り合いに似ていますよこの栗原勇一郎という男は

返信する
頭山満

この人物の育った家庭環境のみならず、様々の事情をつまびらかにすることで、そこに伏在する因子を知る必要がある。
社会は、こういう人物へ身構えねばならない。そのように強く思う。

返信する
ぽん

複数回転職って、母親なら子供の事があって仕事が続けられなくなるって事もあるかもしれないけど、一家の大黒柱になるお父さんの仕事が定まらないなんて、家族を支えようとか大事にしようとしていないところがおかしい(゚∀゚)

返信する
通りすがって気分悪くなった人

父親で大黒柱が仕事定まらないから?男でも仕事に悩み自分が本当に就きたい仕事を定める為に四苦八苦しちゃいけないって意味?
この容疑者の記事を読む為に来ましたが、ぽんという方のコメント、冒頭から複数転職に対しての誹謗中傷と自分は受け止めました。また、母は仕事定まらないのは仕方ない、だが父親は定まらなきゃいけない、という、差別的発言に見えました。自分は父親であり、仕事はしてますが今の仕事が自分の生き甲斐としてこれからもやるべき仕事なのかを考えながら生きてます。この容器者のした行為は絶対許せないし吐き気すらくるぐらい、父親として外道野郎なのは間違いない。だが、記事読む限り働くという事を全くせずに過ごしていた訳じゃない、働く事に対しての外道は本当に働こうとすらしない。
家族を大切にしなかったのは同意だが、仕事が定まらない部分を書いてる点で物凄く気分悪くなったのでコメント残させてもらいますわ。

世の中そんな完璧な奴ばっかじゃねーから。
だから残念だけどこういう事件も起きちまう。
問題は、世の中が決める、善し悪しの線を超える行為をしちゃってるのを自分でその時に気付ける脳かどうかだと思います。
定職つけてないから失格なら、まぁまぁの人数の男性を誹謗中傷してる事になると思う。
今の世の中、正規雇用を取らない社会だし、ある程度の年齢で仕事探すにも限界がある時代だし。
そういうのちゃんと知ってから語って下さいよ
あー気分悪い。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です