阿蘇山噴火の警戒レベル1→2に!周辺地域の注意点とライブ配信の視聴方法

阿蘇山,噴火,警戒レベル2

今日4月16日(火)の午後18:28頃、熊本県の阿蘇山が噴火しました。

中岳第一火口でごく小規模な噴火が発生、福岡管区気象台より16日18:32に、噴火速報が発表されました。

阿蘇山の噴火は、2016年10月8日以来、約2年半ぶりとのこと。

ここでは、周辺地域で注意すべき点と、現在の様子を見られるライブ配信動画をご紹介します。

スポンサーリンク

【阿蘇山噴火】警戒レベル1→2に!

福岡管区気象台は、阿蘇中岳の火山活動が活発になったとして、噴火警戒レベルを1から2に引き上げました。

福岡管区気象台によりますと、14日午後1時30分頃から火山性微動の振幅がやや大きくなり、火山ガスの放出量も1日当たり2100トンと多い状態となっています。

このため阿蘇山の噴火警戒レベルを火口周辺の立ち入りを規制するレベル2に引き上げたものです。

引用元:RKK熊本放送

警戒レベルとは?

こちらは警戒レベルの一覧です。

阿蘇山,噴火,警戒レベル2

現在の警戒レベルは2なので、

火口周辺に影響を及ぼす(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)噴火が発生、あるいは発生すると予想される。

という状態。

火口周辺への立ち入りは規制されていますが、住民の方々は通常通りに生活をしていても、大丈夫なようです。

 

スポンサーリンク

【阿蘇山噴火】周辺地域の注意点は?

気象台では、阿蘇山に発表している噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を継続し、

中岳第一火口から1kmの範囲に影響を及ぼす噴火に警戒するよう呼びかけています。

引用元:レスキューナウニュース

 

中岳第一火口から概ね1キロの範囲では、噴火に伴う噴石や火砕流に警戒が必要です。
また風下側では、火山灰や小さな噴石が降る恐れもあるとして、注意を呼びかけています。

引用元:RKK熊本放送

周辺地域の住民の方は、通常通りの生活をしていても大丈夫なようですが、

火口から1キロに範囲では、噴石や火砕流の恐れもあるようです。

風下側は火山灰や、小さな噴石が降る可能性もあるとのことなので、

火口より風下側にお住まいのみなさまは、ご注意ください!!

 

スポンサーリンク

【阿蘇山噴火】ライブ配信の視聴方法

阿蘇山の現在の様子が見られる、ライブ配信はこちらです。

 

まとめ

「阿蘇山噴火の警戒レベル1→2に!周辺地域の注意点とライブ配信の視聴方法」についてまとめました。

4月14日の午後1:30頃から活動が活発になり、16日に噴火。

まだ警戒レベルは2とのことですが、念のため、お近くにお住まいの方はご注意ください。

少しでも早く落ち着きますよう、願っております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です