レイモンド淡海保育園の記者会見が辛い…マスコミがひどすぎる!園児の様子や状況、原因を園長に質問攻め【大津事故】

大津事故,レイモンド淡海保育園,園児,滋賀

2019年5月8日に起きた大津での交通事故。

最近、こういった交通事故のニュースが多く、胸が痛みます。

この事故で犠牲になったのは、滋賀県大津市の琵琶湖近くにある「レイモンド淡海保育園」の園児です。

保育園は会見を開き、今後の対応と亡くなった園児についても語りました。

泣き崩れてしまった保育園長…。

本当にショックだったと思います。

スポンサーリンク

レイモンド淡海保育園の記者会見が辛い・・・【会見動画】

 

事故の詳細は以下です。

事故は8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の丁字路で発生。

軽乗用車と乗用車が正面衝突し、はずみで軽乗用車が近くの歩道を歩いていた同園の園児13人と保育士3人の計16人の列に突っ込んだ。

滋賀県警大津署によると、計15人が病院に搬送され、大津市大江の伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)と、原田優衣ちゃん(2)が死亡。

園児の男女2人が重体、園児と保育士女性2人が重軽傷を負った。

 会見でレイモンド淡海保育園は、夜に保護者説明会を開き、明日休園することと、当面、散歩を取りやめると話した。

 近くの同園から午前10時すぎ、いつもの散歩コースに出発。

15分後、琵琶湖の岸の方へ行くため信号待っている時に突然、車が子どもたちに突っ込んできた。

散歩は45分で戻るはずだった、という。

 亡くなった雅宮ちゃんと優衣ちゃんについて若松ひろみ園長は

「とても素直でいつも笑顔を絶やさない子でした。いつも園長先生、といってくれるかわいい子でした‥これ以上何も言えないです。ごめんなさい」

と、涙声を詰まらせた。

被害に遭ったのは、うさぎ組の13人。まだ救急搬送され治療中の子どもたちについて同園は「一日も早い回復を」と祈った。

引用元:京都新聞

保育園からいろいろなところに出かけていたという園児たち。

園庭がないので、公園やまわりにある遊び場をよく利用していたとのこと。

園児たちはきちんと交通ルールを守っていただけに、本当に悔やまれる事故です。。

園長先生が辛い想いをしているのは明らかなのに、マスコミは容赦なく質問・・・。

見ているこちらも辛くなります。

スポンサーリンク

マスコミがひどすぎる!園児の様子や状況、原因を園長に質問攻め

 

ネットでもこのマスコミに対する批判が相次ぎました。

私も記者会見をみて、かなり違和感を感じました。

マスコミはなぜあんなにも非道に質問をしてくるの??と・・・。

「どなたか一人、このような状況のときに申し訳ありません」というニュアンスのことを言ってから質問に入った記者がいましたが、せめてそれくらいの配慮はしてほしいものです。

スポンサーリンク

【大津事故】詳しい事故の状況は?

 

記者会見で語られた事故の状況をまとめてみました。

 

●琵琶湖に向けて散歩していた

●信号待ちをしていた

●散歩は日常的に行っていた

●3名の保育士が先頭・真ん中・最後尾から見守っていた

●点字ブロックよりも内側を歩くように、園児たちに指導していた

●待つときも必ず端の方で待つように指示していた

●13名の園児と3名の保育士で出発

●出発は9:45、戻りの予定は10:45だった

●散歩コース 園の前を通り、湖畔に行くので横断歩道を渡るというコース

●6つの散歩コースがあり、事前に安全を確認した上で決定している

●これまでに危険を感じたことはなかった

●自然の風を感じるために、子どもの年齢に応じて外遊びをさせていた

●横断歩道を渡るのは2歳以上

園児の教育に力を入れ、安全も考慮し、園児たちへの指導も徹底していた印象を受けます。

信号待ちをしており、車道にも飛び出していない・・・

なぜこんなことになってしまったのでしょうか・・・。

【大津事故】事故の原因は確認不十分?

大津事故,レイモンド淡海保育園,園児,滋賀

軽乗用車は直前に、右折してきた普通乗用車と衝突し、この弾みで歩道に突っ込んだ。

同署はいずれも自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、軽乗用車を運転していた無職下山真子(62)=同市若葉台=と、普通乗用車の同新立文子(52)=同市一里山=両容疑者を現行犯逮捕した。

 2人とも量販店での買い物から帰宅する途中で、いずれも「信号は青だった」と供述。

下山容疑者は「車が(車線に)入って来たので、あわててハンドルを左に切った」と話しているといい、同署は、双方とも前方をよく見ていなかったとみて、容疑を過失運転致死傷に切り替えて詳しく調べる。

2台には同乗者はおらず、両容疑者にけがはなかった。

現場に目立ったブレーキ痕はなかったという。

引用元:JIJI.COM

現場にブレーキ痕がなかった・・・

どちらも止まろうとしなかったということでしょうか・・・。

だとしたら、どちらかが譲っていればこの事故は起きなかったかもしれないと、推測してしまいます。。

それに私は、元教習所教員の父から

「危険回避でハンドルを切る癖だけは、絶対につけるな!」と言われていました。

まず車間距離を取るのは大前提ですが、危険だと思ったらブレーキを踏むこと。

ハンドルを切るのではなく、ブレーキを踏む癖をつけるのが大事なんだそうです。

この事故を見て、改めてその意味を知りました。

ただ、この事故に関してはまだこれ以上の詳しい情報はまだわかっていないので、あくまでも推測です。

ですが、お互いの少しの意識で状況が変わっていたというのは、言うまでもないことですよね。。。

スポンサーリンク

まとめ

 

本当に痛ましい大津の交通事故。

それだけで辛いのに、さらに追い打ちをかけた記者会見・・・

保育園の普段の体制などを細かく聞き出して、落ち度を見つけようとしていたようにも感じました。

ですが、保育園はきちんと指導・教育を行っていたことも証明されました。

それだけに悔やまれてならないこの事故・・・なぜこうなってしまったのか・・・

本当に胸が痛みます。。

亡くなった園児の方のご冥福をお祈りしますとともに、遺族の方にはお悔やみを申し上げます。

今後このような事故が起きないことを、切に願います。

 

【関連記事】

飯塚幸三が逮捕されないのはなぜ?上級国民だからではない2つの理由【池袋事故】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です