G20会場の水素水が「日本の恥」と炎上!なぜ問題?2つの理由!【大阪国際メディアセンター】

g20,大阪,水素水,なぜ,理由,恥

2019年6月28日・29日に大阪で開催されている「G20大阪サミット2019」。

会場となった国際メディアセンターに”水素水”が置いてあると、ネットが炎上しています。

でも何が問題・・・?

今さら聞けない水素水の問題を、2つの理由からご紹介していきます!

スポンサーリンク

G20会場・国際メディアセンターの水素水に「日本の恥」とネット炎上!

アメリカ、中国、ロシアなど、主要20の国と地域の首脳などが参加するG20大阪サミット。

会場の国際メディアセンターに水素水が置いてあると、話題になっています。

このツイートで、ネットが炎上!

https://twitter.com/zara1q84/status/1144708268134027264

各国の首脳が集まるG20で、水素水を提供することが「日本の恥」という意見が多数。

ではなぜ、そんなにも水素水が「恥」だと言われるのでしょうか?

スポンサーリンク

G20会場・国際メディアセンターの水素水が炎上しているのはなぜ?2つの理由

g20,大阪,水素水,なぜ,理由,恥

なぜ、こんなにもG20会場に置かれた水素水が炎上しているのでしょうか?

考えられる理由は2つ。

  • 水素水の効能は、科学的に証明されていない
  • 以前の販売方法に問題があった

ということです。

詳しく見ていきます!

水素水は効能なし?!

健康食品などの効果が保証されていることを示すものに、

特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品といったものがあります。 

 

これは消費者庁がメーカーなどの申請を受けて認可するもので、

認定されるためには食品が持つ効能・効果について科学的な論拠を示す必要があります。

 

しかし、2016年12月時点で、水素水についてこれらの認可が認められた例はひとつもありません。

 

また、水素の濃度や水の製法については、各社が独自に決めたものを販売しているのが現状。
つまり、そもそもどのようなものを指して「水素水」とするのか、具体的な効能はどんなものなのか、という定義さえあいまいなまま、効能だけが誇張されてひとり歩きしている状態なのです

 

これをうけ、国民生活センターは事業者や行政に対し、効能の表示の改善や指導を求めています。

水素水の効果を医学的に証明しようという試みは実際に行われているものの、いまだに水素水が人体に影響があるのかどうか、具体的にどのような効果・効用があるのか、確たる証明もなされていません。

引用元:enjin HP

トクホや機能性表示食品に認定されるためには、食品が持つ効能・効果について科学的な論拠を示す必要があるのですが、水素水はその科学的な根拠が証明されていないそうです。

科学的な根拠が証明されていない「水素水」を全世界に披露してしまったということは、

日本の科学オンチを披露してしまった

ということにもなる。

だから「日本の恥」なのですね・・・。なるほど。

水素水の販売方法に問題あり?!

水素水を売るプロセスにおいても、

消費者の自宅を訪れて押し売り行為をする訪問販売や、

新規会員を勧誘して会員に購入をさせるマルチ商法といった、

いわゆる「悪徳商法」につながりやすい手法で行われている点も問題視されています。

国民生活センターが2016年3月に発表した水素水に関する調査結果では、全国消費生活情報ネットワーク・システムに寄せられた水素水に関する相談内容(2010~15年)のうち、販売購入形態については、半数以上が「マルチ商法」または「訪問販売」だったことがわかっています。

引用元:enjin HP

科学的に証明されていない水素水を、あたかも効能があるかのように誤解させて、訪問販売やマルチ商法で利益をあげていた人たちがいたようです。

その水素水を悪徳商法ではないとはいえ販売している伊藤園にも、悪いイメージがついてしまったようですね。

今回、G20で水素水が置かれた理由として、環境問題(プラスチックゴミの削減)をテーマにしているだけに、缶でボトリングされているこの商品が選ばれたのかもしれませんが、あまりにイメージの悪い商品となってしまいましたね・・・。

スポンサーリンク

まとめ

g20,大阪,水素水,なぜ,理由,恥

「日本の恥」と言われてしまった今回の水素水。

缶のお水だからという理由の他に、「安倍首相が科学的根拠が薄い健康法が好きだから」ということも噂されているようです。

伊勢志摩サミットでも置かれていたことを考えると、その可能性もありえますね。

各国の反応も気になるところです。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です