緊急放流を開始した高の倉ダムの場所はどこ?新田川が氾濫危険水位に【画像&動画】

2019年10月25日、記録的な大雨により、福島県南相馬市にある高の倉ダムが緊急放流を開始しました。

下流の新田川や水無川では水位が上昇するため、流域の住民のみなさんに十分注意するよう、市が呼びかけています。

ここでは高の倉ダムの場所と、新田川の様子をまとめます。

スポンサードリンク

福島県南相馬市・高の倉ダムが緊急放流を開始!場所はどこ?

 

こちらが高の倉ダムの場所です。

高の倉ダムからは水無川につながっており、更に下流に行くと新田川と合流します。

高の倉ダム,水無川,新田川,氾濫,危険,水位,画像,動画

2019年10月25日20時25分現在、南相馬市内全域に警戒レベル4 避難指示(緊急)が発令されています。

該当地域の方は、建物の2階など、高いところや、安全と思われる場所に避難してください。

スポンサーリンク

福島県の新田川が氾濫危険水位に【動画】

 

新田川では緊急放流の前から、川の水位が上がっているようです。

その早さは台風19号の時よりも早いとのこと。

こちらは10月25日20:00頃。

こちらは同日21:00頃。

約1時間ほどで水位が上がっています。

近隣のみなさまはご注意ください。

緊急放流とは?

 

ダムには、大雨の際に下流への放水量を調整して川の増水を抑える機能がありますが流入量が多くなり貯水できない状態に近づくと、流入してくる水と同じ量の水を放水する、異常洪水時防災操作と呼ばれる「緊急放流」を行います。

去年7月の西日本豪雨では、愛媛県のダムで緊急放流が行われた直後に下流の川が氾濫して流域が広い範囲で浸水し、8人が死亡しました。

引用元:NHK NEWS WEB

ダムの水がいっぱいになり、それ以上貯水できない状態になると行われるという緊急放流。
 

今回の高の倉ダムでは、放流する水量を毎秒20トンほどとしており、ダムへの流入量をみながら、徐々に流す量を増やしていくということです。

調節しているとはいえ、昨年の西日本豪雨では愛媛県のダムで緊急放流後、下流の川が氾濫し、亡くなった方もいます。

その前例があるだけに、今回の緊急放流もとても心配です。

該当地域のみなさんは川を見に行ったりせず、どうか安全な場所にいるよう心がけてください。

スポンサーリンク

まとめ

 

緊急放流を開始した高の倉ダムの場所と、新田川の映像をお伝えしました。

まだまだ予断を許さない状況が続いています。

万が一の氾濫に備えて安全な場所に避難し、命を守る行動をお願いします。

みなさんのご無事を祈っております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です