山田スミ子さんの死因(病名)は直腸がん…病院はどこ?告別式はいつ?

山田スミ子

元吉本新喜劇の女優で、往年のマドンナ・山田スミ子(本名・山田寿美子)さんが、2月12日に直腸がんのため亡くなりました。

 

73歳でした。

 

山田さんは、幼い頃から宝塚映画の子役として活動した後、吉本新喜劇に入団。

 

花紀京さん岡八郎さんらと共演し、その後はテレビや映画で幅広い活躍を見せていました。

 

「家政婦は見た」でもおなじみだった山田スミ子さん。

 

市原悦子さんに続いての訃報に、ネットのみなさんも悲しんでいるようです。

 

山田スミ子さんの病気や告別式などについて調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

山田スミ子さんの死因(病名)は直腸がん

山田スミ子

 

事務所によると、17年に母親が98歳で亡くなるまで

「10年間にわたり、女優業と介護を両立させて、満身創痍(そうい)の介護を続けて参りました」

と明かし、母親が亡くなった後、体の異変に気づき、病院へ行き、直腸がんの診断を受けたという。

 

ただ、それも、周囲には知らせず、山田さんは

「舞台のお仕事に穴を開けることはできない」

と強く望み、闘病しながら仕事は継続してきた

引用元:日刊スポーツ

 

ずっとお母様の介護をしてきた山田さん。

 

お母様が亡くなったあとに体の異変に気づいたとのこと。

 

もしかしたら、その頃からなにかしらの兆候はあったのかもしれませんが、介護優先で気づかなったという可能性もありますね。。

 

女優業と介護を両立し、その後は闘病しながら舞台にも立っていたという山田さん。

 

周囲にも知らせずにいたなんて、とても強いお方です。

 

 

「余命2~3ヶ月」と言われ、「スッキリした」「悔いはない」

山田スミ子

 

同事務所によれば

「病気のことは周囲に心配をかけたくないということで、親しい方々にもいっさい打ち明けず、身内にも泣き言ひとつ言いませんでした

 

ただし、今年に入ってから体調が急激に悪化し、主治医から「あと2~3カ月の命」との宣告も受けていた。

 

それでも、山田さんは

「最初は落ち込んだけれど、はっきり言われてスッキリした」

「私の人生に悔いはない」

と受け入れ、その表情は晴れやかだったという。

引用元:日刊スポーツ

 

 

どこまでスゴイ方なのでしょう。

 

病気を闘うのは、痛みを伴ったり、時には苦しくだってなるはずです。

 

泣き言一つ言わずに、お一人で抱えていたのでしょうか。(事務所の方はご存知だったんでしょうが・・・)

 

余命を告げられても、それを受け入れ、「私の人生に悔いはない」と言える。

 

それだけ、一瞬一瞬を大切に、精一杯生きてこられたんでしょうね。。。

 

 

スポンサーリンク

ネットの声は?

 

 

スポンサーリンク

山田スミ子さんが亡くなった病院はどこ?

山田スミ子

 

調べてみたところ、「兵庫県内の病院で」という情報がありましたが、具体的な病院名はわかりませんでした。

 

ですが、兵庫県にもがんセンターがあるので、もしかしたらそちらで治療を受けていた可能性はありますね。

 

 

スポンサーリンク

山田スミ子さんの告別式はいつ?

山田スミ子

 

調べたところ、葬儀は近親者で行ったとのこと。

 

特別にファン対象のお別れ会などの情報はありませんでした。

 

 

まとめ

山田スミ子

 

吉本新喜劇で、テレビで活躍なさっていた山田さん。

 

私はどちらかといえばテレビで拝見していた女優のイメージが強いですが、とても存在感のある、そして安心感のある方だなという印象でした。

 

73歳は、まだ若い・・・。

 

とても悲しいですが、それでも「私の人生に悔いはない」と言って旅立った山田さんをとても素敵に思います。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です