【即位礼正殿の儀】天叢雲剣の力? 雨→晴れ→虹で「ファンタジー」と話題騒然!(天皇即位の礼)

天叢雲剣,天皇即位,礼,虹,雨,晴れ,ファンタジー

2019年10月22日、平成から令和へと、皇位を継承する「即位礼正殿の儀」が行われました。

この歴史的な日、歴史的な瞬間の天候が「神話的」「ファンタジー」とネットで話題になっています。

スポンサードリンク

【即位礼正殿の儀】雨→晴れ→虹で「ファンタジー」と話題騒然!(天皇即位の礼)

 

ネットでは、それまで雨が降っていた東京・皇居周辺が、「即位礼正殿の儀」が始まると晴れ間が見え、さらに虹までかかったということで話題になっています。

雨からの晴れ間、そして即位の瞬間の虹と、この偶然とは思えないタイミングに神話的な力を感じてしまいますね。

ではこの「天叢雲剣」とは一体どんなものなのでしょうか?

【即位礼正殿の儀】天叢雲剣の力とは?

 

皇位継承の証・三種の神器の一つである「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」は、天空に群れ雲を発生させる剣なんだそうです。

この剣を使用するときは雨が降ると言われています。

こちらがその画像。

普段は名古屋の熱田神宮に収められている「天叢雲剣」ですが、即位の礼のため東京・皇居まで移動、それと同時に名古屋は晴れてきたのだとか。

(即位の礼にはレプリカが使われているという情報も見かけましたので、どちらが本当かわかりかねる部分はありますが・・・。)

スポンサーリンク

即位の礼の日に雨は縁起がいい?

即位の礼の日に雨が降るのは縁起がいいと言われているそうです。

雨が降り、虹がかかり、令和はいい時代になる・・・

そう考えると希望が湧いてきますね。

ちなみに・・・

平成の始まりは雨だったそうですが、即位の礼の日は「晴れ」だったそうです。

もちろん、すべてがそのせいだとは思いませんが、なんとなく『なるほど・・・』と思ってしまうのは私だけでしょうか。

こんな素敵なツイートも。

この日を忘れないようにしたいですね。

スポンサーリンク

【即位礼正殿の儀】虹のかかった瞬間の画像

 

この歴史的な瞬間の虹を撮影していた人が多数。

虹を見ると、やはり気持ちが嬉しくなりますね。

 

 

まとめ

 

【即位礼正殿の儀】と「天叢雲剣」、ネットの話題についてまとめました。

とても偶然とは思えないタイミングに鳥肌が立ちますね。

神話の力をまざまざと見せつけられたような、そんな神聖な気持ちになります。

令和がいい時代になりますよう、心からお祈り申し上げます。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です