元JOC春日良一がムカつく?五輪「延期ない」からの掌返しにネット炎上!

春日良一,オリンピック,ムカつく,胡散臭い

2020年の東京オリンピックが1年延期になることが決まったことで、「延期は99%ない」と断言していた春日良一氏に、ネットが炎上しています。

春日氏は一体どのような発言をしていたのでしょうか?

まとめてみたいと思います。

元JOC春日良一がムカつく?オリンピック「延期ない」からの掌返し

 

元JOCの春日良一さんに対し、ネットが炎上しています。

なぜ、春日氏はこのように言われてしまているのでしょうか?

実は以前「サンデー・ジャポン」に出演した際、オリンピックの延期についてこのように述べていました。

元JOC参事の春日良一さん(64)が15日、TBS系の情報番組「サンデー・ジャポン」に出演し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた東京五輪・パラリンピック開催時期について、予定通りの開催を前提に、

「苦渋の決断としては中止より延期」と述べ、北京冬季五輪と同年の2022年を候補に挙げた。

 春日さんは

「五輪の理念と歴史からは延期も中止もない。

99・99%、予定通り開催すると私は信じています。

トランプ大統領の(東京五輪延期の)発言に世界は動揺しますが、五輪ではトランプさんが何を発言しようが関係ありません。

政治とスポーツは別、が五輪理念」

とIOCの立場を説明。

引用元:東京中日スポーツ

春日氏は、

五輪の理念と歴史からは延期も中止もない。

99・99%、予定通り開催すると信じている

トランプ大統領の発言には左右されない

と発言。

その春日氏が、オリンピック延期決定後のテレビ出演では「延期はない」と言っていた件には触れず、話を進めているところに、コメンテーターの古市憲寿さんがツッコむ姿が話題に。

春日良一に古市憲寿がチクリ?

春日氏が、オリンピック延期決定後にしれっと話を進めているところに、コメンテーターの古市憲寿さんがツッコみます。

こちらがその映像です。

古市さんが、視聴者の思っていることを突いてくれましたね。

それを受けて春日氏は「選手の健康を無視していたわけではなく、みんなで頑張っていこうとしていた」という趣旨のことを話していました。

断言の時とは、だいぶニュアンスが違いますが・・・。

この様子にネットが炎上しました。

元JOC春日良一がムカつく?ネット炎上!

 

ここからはネットの声を見ていきます。

やはり、「延期はない」と言っていたにも関わらず、延期決定後にしれっとテレビに出演していることが不快だという声が多数でした。

まとめ

 

春日良一氏のオリンピック延期について、ネットの声をまとめました。

せめて『見誤りました』などの一言があったら、ここまで炎上せずにすんだかもしれませんね。。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です