【動画】堀尾アナ不倫報道をする「ビビット」がエグい!妻コメント全文で公開処刑?

堀尾正明,アナウンサー,ビビット,公開処刑,不倫,夫人,コメント

6月20日に放送されたTBS系の「ビビット」に、不倫報道されてしまった堀尾正明アナウンサーが出演。

本人を前にどこまでも深堀りしていく「ビビット」にネットでは、

『ビビットエグい』『公開処刑』『吊し上げ』と話題になっています。

一体どんな放送だったのか、その様子を探っていきます。

スポンサードリンク

堀尾アナに不倫報道!深堀りする「ビビット」がエグい!【画像&動画】

堀尾正明,アナウンサー,ビビット,公開処刑,不倫,夫人,コメント

2019年6月20日の放送では、堀尾アナの不倫報道について、本人を前にVTRを流した「ビビット」。

ワイプにもガッツリ映る堀尾アナは、目が赤く、涙目です。

また、国分太一さんからの質問も胸に刺さります。

前に立たされて、釈明をする堀尾アナ。

国分さんに「恋愛感情はなかったのか?」と聞かれ、きっぱり「ありません」と答えます。

他の出演者のみなさんからも追求され、しんどそうです。

騒動を起こしてしまったとはいえ、この状況はちょっと気の毒ですね。。

スポンサーリンク

堀尾アナに不倫報道!妻からのコメントで公開処刑?【動画】

 

「ビビット」の番組内で、奥様からのコメントを読まれてしまう堀尾アナ。

どんな気持ちで聞いていたのでしょうか。

こちらがそのシーンです。

「まったくその通り」と話す堀尾アナ。

いたたまれない気持ちが、顔に現れていますね。。

以下、奥様のコメント全文です。

「この度は、いろいろとお騒がせしてしまい、大変申し訳ございません。

お相手の方やご家族様、お仕事でお世話になっている多くの方々に大変ご迷惑をおかけしてしまいましたこと、心より深くお詫び申し上げます。

そして何よりも、長年テレビやラジオ、様々なところで応援してくださっていた皆様に、その信頼を裏切るような形になってしまいましたことは、本当にお詫びのしようもございません。

 

 この度の記事にあるお相手のご家族とのお付き合いのことはすでに聞き及んでいた事ではありますが、私どもの作ってきた60代を迎えた夫婦の形、家族の形(互いを理解し、尊重し、困った時は一番に助け合う)というものが、結果的にこのような状態を生んでしまったのだと反省する機会を頂きました。

 

彼が困っている人を放っておけないのは出会った時からで、これまでも(広い意味での)人助けはいくつかありました。

心の優しい懐の深いところが彼の一番の魅力だと思っております。

れは出会った時から今も変わりません。

 

しかし、今回ばかりは優しさの度が過ぎてしまったのかもしれません。

結果的に、そのことにより、お相手やご家族の皆様に大変不快な思いをさせてしまった事態になったことは、深く反省してほしいと思います。

 

夫には、これまで以上に、メディアを通じて全ての方々に誠実におつとめしていってほしいと願ってやみません。

あらためまして、大変お騒がせいたしまして、申し訳ございませんでした。」

引用元:livedoor NEWS

奥様からのコメントには、奥様も以前から知っていたとあります。

堀尾アナの「人助け」による行為が、誤解を生んでしまったというようなことですね。

そして共演者の真矢みきさんも、同じことを言っています。

スポンサーリンク

堀尾アナに不倫報道!真矢みきは騒動の相手に会っていた!【動画】

 

なんと真矢さん、堀尾アナ渦中のお相手に会ったことがあるそうです!

真矢さんも会っていたとは驚きです・・・!!

「私が会ったときは、本当に友達でした。彼女もサッパリした方で、こんなふうに大きく誤解されてしまって残念」

そして、普段の堀尾アナについては、

「堀尾さんはご家族のことも嬉しそうに話していたのに、なぜこんなところに立ってらっしゃるんですかと思っちゃって」

「今回は優しさが仇になってしまいましたね」

と、こんな内容でした。

では、ネットの反応はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

堀尾アナに不倫報道!「ビビット」放送にネットの反応は?

気まずくて見てられないという声や、降板では?という声も。

個人的には、不倫が事実でないなら降板はしなくてもよいのでは?と思いますが、一度付いてしまったイメージというのはなかなか拭えないことが多いですよね。

袴田吉彦さんや原田龍二さんのようにネタとして扱っていくのも難しそうですし、堀尾アナはここから辛い日々かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

 

6月20日、堀尾アナの不倫報道を追求する「ビビット」の放送についてご紹介しました。

前に立たされて追求される堀尾アナの姿は、かなり痛々しかったですね・・・。

謝罪という意味では、あの形がよかったのかもしれませんが、胸が痛かったです。

「これから襟を正していく」と反省した堀尾アナ。

今後も頑張ってほしいです。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です