【優勝!!全豪オープン】大坂なおみ選手が着ていたユニフォームはこれ!

 

2019年1月26日、全豪テニスオープンで大坂なおみ選手が日本人初の優勝を果たしました!!!

 

おめでとうございます!!!!!

 

日本中、いや、世界中が祝福していますね!

 

その強さと弱さ、そしてユニークなキャラクターという自然体がとても素敵な大坂なおみ選手。

 

今回はその全豪オープンで大坂選手が着ていたユニフォームをご紹介します!

 

 

スポンサードリンク

大坂なおみ選手、全豪オープン優勝!!

 

 

全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。

大坂が7-6(2)、5-7、6-4で勝利し、「全豪オープン」初優勝を飾った。

また1月28日付けの世界ランキングで、日本人で初めてシングルス1位に輝くことも決まった。

優勝賞金は410万豪ドル(約3億2,000万円)。

セットカウント1-1で迎えた第3セットはクビトバのサービスゲームから始まった。第2セットを落とした大坂は、トイレットブレークを取って気持ちを切り替えコートに入った。

第1ゲームをラブゲームでキープされた大坂は、第2ゲームをキープする。

そして続く第3ゲームでクビトバのダブルフォルトによってブレークポイントを握ると、見事なウィナーを決めて1ブレークアップとした。

ブレーク直後の第4ゲームをしっかりとキープした大坂。

第6ゲームでクビトバに30-40とされたが、サーブでこのピンチをしのいでキープし、ゲームカウント4-2とした。

続く第7ゲームで大坂に0-40と再びブレークのチャンスが訪れた。

しかしクビトバにしのがれ、ブレークすることはできない。

そして両者キープで迎えた第10ゲームが、大坂のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ。

ここを取りきった大坂が見事に優勝を決めた。

第2セットはチャンピオンシップポイントまでいきながら落とした大坂だが、メンタル面でも見事に立て直して優勝を掴んだ。

見事勝利し、2018年の「全米オープン」に続いてグランドスラム2大会連続優勝を果たした大坂。

1月28日発表の世界ランキングはこれで1位が確定した。

日本人選手として初のグランドスラム制覇を果たした昨年からの快進撃は、まだまだ止まらない。

(テニスデイリーより)

 

スポンサーリンク

大坂なおみ選手が着ていたユニフォームはこれ!

 

ネイビーブルーからライトブルーへのグラデーションが素敵なデザインですね。

 

胸元には「adidas」の文字。

 

実際にadidasのホームページを調べました!

 

 

これですね!

 

これが大坂選手が着ていたユニフォームです。

 

ただ、左上に「SOLD OUT」の文字が。泣

 

やはり、大坂選手が着てプレーしただけあって、大人気なんでしょうね。

 

 

もう一つ、色違いがありました!!

 

 

こちらも素敵なデザイン♪

 

ですがやはり「SOLD OUT」でした・・・。

 

このユニフォームを着ての全豪オープン優勝、adidasさんもさぞ嬉しいでしょうね!!

 

詳しいユニフォーム情報はこちらから見れます!

 

半袖タイプ(色のグラデーションが違いますね)はこちら。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大坂選手、全豪オープン優勝、本当におめでとうございました!!

 

今まであまりテニスに触れてこなかった私でも、大坂選手のキャラクターに一発で惹かれてしまいました。

ご自身で「精神年齢が3歳から4歳に上がった」と言っていたエピソードも大好きです♡

 

この愛されキャラと、さらなるテニスの強さでまだまだ活躍してほしいですね!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です