【SKE48の元メンバーの山田樹奈が詐欺容疑で逮捕!】偽名山本ゆきを使いバイナリーオプションにて勧誘。事件をわかりやすく解説。


↑応援してくれたら嬉しいです☆↑

元アイドルで、アイドルグループ「SKE48」の元メンバーである山田樹奈(やまだじゅな)容疑者が、3月16日に詐欺および特定商取引法違反などの疑いで逮捕されたというニュースが飛び込んできました。元SKE48のメンバーで初の逮捕者ということもあって、アイドルオタク界隈に激震が走る結果となりました。

今回は山田樹奈容疑者の現役時代について・事件の概要などについてまとめました!

SKE48とは?

SKE48(エスケーイーフォーティーエイト)とは、国内外に10組存在するAKB48グループの姉妹グループの1つです。SKE48の専用劇場である「SKE48劇場」が存在する、名古屋市中区の栄(さかえ)のアルファベット表記に由来してグループ名が付けられました。

SKE48の代表的なメンバーとして、女優やテレビCMなどでも活躍する松井珠理奈(まついじゅりな)さんなどが挙げられ、2008年の結成以来今もなお人気の高いアイドルグループです。

山田樹奈容疑者の現役時代とは?

そんなSKE48に所属していた山田樹奈さんですが、現役時代はどのようなアイドルだったのでしょうか?

山田樹奈さんは1998年5月25日生まれの22歳。2013年に第6期生としてSKE48に加入し、公演デビューを果たしました。公式ニックネームは「じゅなっこ」で、メンバーカラーはオレンジ・黄色・青。キャッチフレーズは「ちっちゃいじゅなは、ど~こだ?」。これは、加入当時はSKE48内で最低身長だったことを活かし、小さくて可愛いことを売りにしていたためのようです。

そんな彼女の人気はというと、決してある方ではなかった模様。在籍中に開催されたAKB48総選挙では全て圏外で、当時のファンからは、「握手会では常に過疎っていた」という声も聞かれています。

そして2019年にSKE48からの卒業を発表し、それ以後は主だった芸能活動は行っていなかったようです。関係者によると、山田樹奈さんは「卒業後、仕事がない」と周囲に愚痴を漏らしていたといいます。

山田樹奈容疑者が行った詐欺の内容とは?

そんな山田樹奈さんが今回逮捕されたとあって、SKE48のファンや元ファンは大騒ぎ。彼女が犯した詐欺の内容とは、いったい何なのでしょうか?
山田樹奈容疑者は「山本ゆき」という偽名を使って出会い系サイトに登録し、出会った男性らに「為替取引であるバイナリーオプションで多額の利益が得られる」といった趣旨の勧誘を行い、投資助言や指導料といった名目で約50万円をだまし取った疑いがもたれている模様です。

バイナリーオプションとは、為替を商品とした金融投資のことで、簡単に言うと値段が「上がる」か「下がる」かのどちらかを選択し、その後の値動きによって、得られる利益が決まります。一見単純で素人目にもわかりやすいシステムのようですが、非常にリスクが高く、大きな損失を抱えてしまう可能性が高い取引であり、EU・イギリス・カナダなどの国々では数年前から禁止されているほどです。

また、近年バイナリーオプションの絡んだ詐欺が横行しており、国民生活センターも注意を促しています
山田樹奈容疑者はあくまで勧誘を行う役割を担っており、彼女に指示を出していた共犯者の男女3人も同時に逮捕されました。そして、うち1人は山田樹奈容疑者と同棲している大学生の交際相手であるとみられており、その点でも大きな話題を呼んでいます。

彼女達は同じ手口で同様の犯行を複数人に対して繰り返していると考えられており、被害者は100人、被害総額は5800万円にものぼると推定され、今後余罪が追及される見通しです。

特定商取引法違反とは?

では、山田樹奈容疑者が犯した「特定商取引法違反」について、詳しく解説していきたいと思います。
特定商取引法違反とは、簡単に言うと通信販売や訪問販売の際に、悪質な販売行為の被害を受けないよう、消費者を守るための法律です。

消費者庁のサイトによると、「特定商取引法では、事業者に対して、消費者への適正な情報提供等の観点から、各取引類型の特性に応じて、規制を行っています。特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示や業務停止命令・業務禁止命令の行政処分、または罰則の対象となります。」とあります。

今回の場合は、「バイナリーオプションによって高額な利益を得られる」と騙って50万円をだましとり、その上契約書を交付しなかった点がこの特定商取引法違反に抵触しているようです。

AKBグループ初の逮捕者とは?

では、山田樹奈容疑者はAKB48グループ初の逮捕者なのかというと、どうやらそうではない模様です。
AKB48グループ初の逮捕者は、昨年4月に逮捕されたHKT48の元メンバー、谷口愛理容疑者(21)。罪状は大麻の所持による大麻取締法違反で、HKT48卒業からは8年の月日が経過していました。

ちなみに余談ですが、現在大麻には覚せい剤などと違って「使用罪」はなく、罰則対象はあくまで「所持罪」に対してのみとなっています。

しかし、近年若者の大麻濫用が問題となっていることを受けて、今年に入って厚生労働省は「使用罪」の導入も検討し始め、蔓延防止に努める見通しです。

まとめ


↑応援してくれたら嬉しいです☆↑

AKB48グループは他のアイドルグループに比べてメンバーの母数が多いため、今回の事件のように、卒業後の素行がよろしくないメンバーもちらほら見られるようです。

しかし、殆どのメンバーは真面目にアイドル活動を行っており、このような形でグループが話題になることも心外であるはずです。

ファンとしては、これ以上AKBグループが不名誉な形で話題にならないことを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です