【インタビュー動画】藤田麻央がおもしろい!ピアノ快挙伝えたいのはネコちゃん!【チャイコフスキーコンクール2位】

藤田麻央,チャイコフスキー,2位,ピアノ

モスクワで開かれていた、第16回チャイコフスキー国際コンクールの審査結果が27日(日本時間28日未明)発表され、ピアノ部門で藤田真央さんが2位に入賞しました!!

藤田さんはまだ20歳という若さ。

この若さでというのもすごいですが、世界3大コンクールのひとつ、このチャイコフスキー国際コンクールで2位というのがさらにすごいですね!!

一体どんな演奏だったのか、気になります♪

そして、藤田さんがこの快挙を伝えたいのは、飼っているネコちゃんなんだそうです!笑

「コンクールはもういい(?!)」発言にも注目の動画をご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

藤田麻央がスゴイ!!チャイコフスキー国際コンクール2位の快挙【動画】

藤田麻央,チャイコフスキー,2位,ピアノ

こちらが、チャイコフスキー国際コンクールの演奏模様です。

私は「のだめカンタービレ」が大好きだったくらいで、クラシックにはあまり詳しくないのですが、それでも見ていてうっとりしてしまいました。

ロシアのコメルサント紙でも

「聴衆の心を完全につかんだのが藤田麻央だった」

「(事前審査の演奏は)まるでピアノの精が宿ったかのように、並外れて美しく響いた」

と、高い評価を得ています。

そしてなんと言っても、話している時の藤田さんがユニークでおもしろい!!

ぜひ、インタビューの様子もご覧ください♪

スポンサーリンク

藤田麻央がおもしろい!ピアノ快挙で伝えたいのは「ネコちゃん」【インタビュー動画】

チャイコフスキー国際コンクールで2位という快挙を成し遂げた、藤田麻央さん。

藤田さんは、飼っているロシアンブルーのネコちゃんと毎日一緒に寝ているんだそうです♪

「コンクールは受けない、受けたいとも思わない」

「こんな精神的なプレッシャーを、わたくしにまだ課せるのかというものですよ。

 もういいじゃないですかね~」

思わず笑ってしまう、藤田さんの本音でした。笑

あんなに楽しそうに弾く藤田さんでも、やはりプレッシャーは相当なものなんですね。。

それにしても❝ベビーマオ❞というニックネームは、笑顔がかわいい藤田さんにピッタリ♪

ここで藤田さんのプロフィールを簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

藤田麻央プロフィール

藤田麻央,チャイコフスキー,2位,ピアノ

藤田 真央
出生名 藤田 真央
生誕 1998年11月28日
学歴 東京音楽大学付属高等学校 卒業。東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
事務所 ジャパン・アーツ

引用元:Wikipedia

3歳からピアノを始めた藤田さん。

2013年12月、藤田さん15歳の頃に、津田ホールにて初めてのリサイタルを開催しました。

15歳で初リサイタル!!すごいですね♪

以降、国内各地をはじめポーランド、ドイツ、イタリアなどで定期的に演奏を行うほか、

ショパン国際音楽祭(ポーランド)、世界のアッシジ音楽祭(イタリア)、バート・ラガッツ次世代音楽祭(スイス)などの音楽祭に招待されリサイタルを行っている

国内においては、これまでに、小林研一郎 、現田茂夫、飯森範親、大友直人指揮のもと、読売日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、ヴィルトゥオーゾユースオーケストラ等のオーケストラと共演し、演奏経験を積んでいる。

引用元:Wikipedia

初リサイタル以降は、国内外問わず活躍している藤田さん。

各国の音楽祭に招待されたり、国内でも有名交響楽団と共演したりと、華々しい活躍です!

そしてCDも出しています。

2013年、14歳にてナクソス・ジャパンより、「ナクソス・クレッシェンド」という若い世代の音楽家のための新しいレーベル第1号として、

デビューアルバム「MAO FUJITA」(NYCC-10001)をリリース。

(ベートーヴェン/ピアノソナタ第6番、ラフマニノフ/楽興の時、三善晃/ピアノソナタを収録)

 

2015年、同ナクソス・ジャパンより、

セカンドアルバム「ヤング・ヴィルトゥオーゾ」(NYCC-27296)をリリース。

(ベートーヴェン/ピアノソナタ第14番月光、ワーグナー=リスト/タンホイザー序曲、プロコフィエフ/ピアノソナタ第6番を収録)

 

2018年、同ナクソス・ジャパンより、

サードアルバム「passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番」(NYCC-27306)をリリース。

(リスト/ハンガリー狂詩曲第2番、モーツァルト/ピアノソナタ第18番、ショパン/ピアノ・ソナタ第3番を収録)

 

現在、ピアノを鷲見加寿子、野島稔に師事。ソルフェージュを西尾洋に師事。

2015年末に第1回、2016年4月に第2回ヴィルトゥオーゾユースオーケストラのソリストとして招待された。

引用元:Wikipedia

これまでに「MAO FUJITA」「ヤング・ヴィルトゥオーゾ」「passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番」と、3枚のCDを出している藤田麻央さん。

こちらは藤田さん10代最後に出したCD「passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番」についてのインタビューです。

中村紘子が絶賛!!

藤田麻央さんの演奏について、有名ピアニストの中村紘子さんも絶賛しているそうです。

「人をときめかせる演奏をする」とのこと。

中村紘子さんにそう言ってもらえたら、藤田さんもうれしいでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

チャイコフスキー国際コンクールで2位を受賞した、藤田麻央さんについてご紹介しました。

いつまでも聞いていたくなる演奏・・・本当に素晴らしかったです。

インタビューはまたユニークさが溢れていて、また違った角度からも魅了されてしまいましたね。笑

今後の活躍がますます楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です