オリンピック開会式の演出は嵐 松本潤がやるべき!?松潤の演出の凄さを紹介!

コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年から延期となって、やっと2021年7月23日から開催することができた東京オリンピック。

開催地が日本ということもあって、開会式では日本の有名クリエイターが演出を考え、大規模なものとなり無事に成功を収めました。

そんな開会式を見たジャニヲタの人々からTwitter上では嵐の松本潤さんが演出を手がけてほしかった!との声がチラホラ上がっていました。

嵐のコンサートの演出をこれまで手がけていた松本さん。今回はそんな松本潤さんの演出の凄さについてご紹介していきましょう!

ジャニヲタが口を揃えて嵐 松本潤に開会式を演出してほしい!と言うわけは?

2021年7月23日に開催された東京オリンピックの開会式。

日本を代表するトップクリエイター達の手によって、様々な演出が行われました。

そんな開会式を見たジャニーズファンの方達がTwitter上で、嵐の松本潤さんに演出してほしかったと口を揃えて言っていました。

ジャニヲタでない方からするとなぜ松本潤さんなのか?と疑問に思うかもしれません。

その理由としてオリンピックの開会式が行われていた新国立競技場は嵐のコンサートが行われていた場所で、松本さんは嵐の国立でのコンサートの演出を手がけていたからなのです。

国民的アイドルでもある嵐がコンサートを行う場所といえば、東京ドームや国立競技場などの日本の中でも特に広い会場ばかりです。そんな広い会場の特性を生かし、遠くのお客様でも楽しめるような演出を松本さんは考えていたのです。

国立競技場での演出に慣れている松本さんだからこそ、会場を生かした演出ができるだろうと松本さんをよく知るファンの方々がきっと思っていたのでしょうね。

松本潤はいつから演出していたの?かなりストイックだった!?

嵐の活動休止前のラストライブまでメンバーである松本潤さんが演出を手がけていました。

そんな松本さんが演出を始めたのは、ジャニーズJr.時代だったのです!

松本潤はいつから演出していたの?かなりストイックだった!?

嵐のデビューから20年以上が経ちますので、おおよそ20年前から松本さんはコンサートなどの演出を始めていたと言うわけです。

そもそもきっかけとなったのがタッキー&翼のメンバーであり、現在はジャニーズ事務所の副社長を務める滝沢秀明さんだったのです!

滝沢さんもジャニーズJr.時代からコンサートの演出を手伝っており、デビュー後は自身のプロデュースした『滝沢歌舞伎』などの舞台を行っていたほどです。そんな滝沢さんの自宅で演出の端に音楽を制作する滝沢さんの姿見たことがきっかけで、松本さんも演出に興味を持つようになったようです。

松本さんも初めのうちはなかなか演出に関する意見が通らなかったようですが、2000年ごろから嵐のコンサートの演出を任されるようになったのでした。

会場の面積をしっかり把握し移動距離や音出しまでもしっかりとチェックし、嵐の他のメンバーの意見を取り入れながら演出を行っていきます!

松本さんは年々演出に対するストイックさが見えてき、活動休止前に行われた『アラフェス』では、自分の他のスケジュールも忙しい中自ら会場に足を運び何度も新国立競技場で念入りな確認を行っていたようです。

会場の大きさやスタンド席からの見え方、ライティングなどかなり細かい視点で何度もチェックしていたようです。

また過去にはスタッフとの温度差の違いから、1時間スタッフに対して激怒したと言う経験もありました。かなり演出に対するこだわりやストイックさがわかりますね。

松本潤がこれまでに生み出したジャニーズ伝統演出

松本さんが起案となって生み出してきた様々なアイデアは、嵐のコンサートだけではなく他のグループのコンサートでも引き継がれています。どのようなものがあるのでしょうか?

ムービングステージ

松本潤ムービングステージ

ムービングステージとは透明のアクリル板で作られた可動式の巨大ステージで、東京ドームなどのアリーナ席の上を歌って踊りながらステージごと通過するため、お客様は頭上を通過するアーティストを近くで見ることができるものです。

 

2005年に行われた『嵐 LIVE 2005 One SUMMER TOUR』で初めて取り入れられ、松本さんが踊りながら移動できる方法はないか?と考えたことがきっかけで生まれました。

現在はジャニーズのみならず、EXILEやAAAなどの他のアーティストも取り入れています。

巨大モニター

松本潤巨大モニター

『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018  untitled』では、2083インチの可動式巨大LEDモニターを導入しました。

ドームクラスの会場だと後ろの方の席のお客さんはなかなか見えにくいのがネックです。

そんなお客さんにむけて、超巨大モニターを設置し、更に画質もとても良いため、どんな席の方でも楽しめるようにしたのです。

この他にもここでは紹介しきれないほどの様々な演出を手がけていました!

 

まとめ

今回は松本潤さんの演出の凄さについてご紹介しました。

是非嵐のコンサート映像などで、松本さんの演出の凄さを感じてみてください!

嵐が活動を再開した日が訪れれば、また松本さんの演出を見ることができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です