【動画】フワちゃんは英語ペラペラで中国語も喋れる?!SATC風ナレーションがネイティブすぎる!

フワちゃん,英語ペラペラ,中国語,語学,動画,帰国子女

女芸人ユーチューバーとして人気を集めているフワちゃん。

英語がペラペラで、更には中国語も話せる?!と話題になっています。

そこで今回は、フワちゃんの英語力・中国語力を調査するとともに、ネイティブ並みの発音を披露しているSATC風ナレーションもご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

フワちゃんは英語ペラペラ?!語学堪能の理由は帰国子女!【動画】

 

強烈な印象のフワちゃんですが、実は英語がペラペラ!

YouTubeにも英語の動画を多数アップしています。

フワちゃんの真面目英語モードが見れる、フィリピン短期留学の動画をご紹介します。

かなりペラペラ喋っていますね!

先生の言うこともすんなり聞き取れていますし、たまの間違い(TwiceをTwoと言ってしまうなど)はあるものの、会話はスムーズに成り立っています。

フワちゃんご本人いわく、自分の英語力は「生きては行けるレベル」とのこと。

間違いなく全然生きてはいけますね。笑

では、なぜフワちゃんはこんなに英語が話せるのでしょうか?

理由を調査しました。

スポンサーリンク

フワちゃんが英語堪能な理由は帰国子女だったから!

 

実はフワちゃんは、小学2~4年生の2年間、父親の仕事の関係でアメリカのロサンゼルスに住んでいました

それまで八王子に住んでいたフワちゃんは、“初めて行った都会がHOLLYWOOD”というかっこいい経歴の持ち主。

こちらはアメリカ時代の思い出の地を巡る動画です。

ロサンゼルスを「故郷」と呼べるなんて素敵すぎますね。

ちなみにフワちゃんの父親のお仕事は、アメリカの雑貨を扱う輸入雑貨店経営。

そのため、フワちゃんはロサンゼルスで2年間を過ごすことになったのでした。

その2年間が、フワちゃんが英語をペラペラ話せる理由の一つということは間違いなさそうです。

ただ、一般的に英語は使っていないと忘れてしまうと言われていますので、フワちゃんは帰国後も英語力をキープするために努力されていたのかもしれないですね。

スポンサーリンク

フワちゃんのSATC風ナレーションがネイティブすぎる!【動画】

フワちゃん,英語ペラペラ,中国語,語学,動画,帰国子女

フワちゃんの企画「NYで綾部に会えるまで帰れまてん」では、前編と後編に分けて動画がアップされています。

その後編の最初に“前回の続き”として、ナレーションとともにおさらいするのですが、その発音がネイティブそのもの

しかもアメリカのドラマ「SATC(SEX AND THE CITY)」をパロっているのが、SATCファンには刺さります。笑

海外ドラマでよくありますよね、“Previously on ~” と前回までのあらすじを紹介してから続きに入るアレです。

フワちゃんも“Previously on FINDING AYABE”と言って、前回の話をおさらいしています。

さすがロサンゼルス仕込みのキレイな発音ですね。

ちなみに本家SATCはこんな感じです。

こちらは映画版なのでドラマシリーズとはまた少し違うのですが、音楽とナレーションの感じは完全にこれでした。

(ドラマシリーズの“Previously on ~” の方がもっと近いのでご紹介したかったのですが、残念ながら見つからず・・・。)

やはり子どもの頃に覚えた英語というのは、耳が柔らかいだけあってネイティブに近い発音になれるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

フワちゃんは中国語も喋れる?!中国語モードがヤバイ!【動画】

 

英語ペラペラなフワちゃんは、更に中国語も話せるという証拠の動画がありました。

タピオカ屋でファンの方に話しかけられたフワちゃんでしたが、その時『中国語を喋るモード』というのになっていたとかで、中国語で返してしまったというエピソード。

中国語がまったくわからない私からすると、とても流暢に聞こえますが、まだ勉強中なのだとか。

この動画に対して、AKB48台湾出身のまちゃりんこと馬嘉伶さんがアドバイスをしています。

アドバイスに対して「勉強する!たのしい!」と言うフワちゃん。

その「たのしい」という気持ちが、中国語力もグングン伸ばしそうですね。

元々バイリンガルの人は、他の言語を勉強する時にも早く伸びると言われているそうです。

『中国語を喋るモード』で知らない人にも中国語で話してしまうくらいですから、そのモードに入った時の集中力は凄そうです。

フワちゃんなら、あっという間に中国語もマスターしてしまいそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

 

フワちゃんの英語力・中国語力についてまとめました。

英語力は日常会話なら困らないくらい、そして発音もネイティブに近いレベル。

そして中国語は現在勉強中ではあるものの、モードに入ると凄そうということがわかりました。

多才な能力の持ち主ですね。

これからますます注目が集まりそうです。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です