高井衆院議員の嫁がかわいそう!なぜセクキャバに行った?遊興した日のツイートがヤバイ!

高井衆院議員,セクキャバ,遊興,嫁,画像

2020年4月14に流れてきた、立憲民主党の高井衆院議員セクシーキャバクラのスクープ。

世間がコロナウィルスの影響で外出自粛をしている中、まさかの国会議員が夜の街で濃厚接触とは、本当に憤りを感じます。

ネットでは高井衆院議員に批判の声が上がるとともに、奥様かかわいそうという声も多数あがっています。

高井議員はこの時期になぜセクキャバに行ってしまったのか?

背景とともにお伝えします。

高井衆院議員が文春砲!セクキャバで濃厚接触したその内容とは?

高井衆院議員,セクキャバ,遊興,嫁,画像

 緊急事態宣言が出された2日後の4月9日夜、高井議員は歌舞伎町の雑居ビルにある「X」に入店したとのニュースが飛び込んできました。

そこは通称セクキャバと呼ばれるところで、普通のキャバクラと違って接客する女性の身体を存分に触れるのが特徴。

ディープキスなどもサービスに入っていて、キャストが女子高生の制服姿で接客しているそうです。

文春オンラインでは、高井議員の様子がかなり赤裸々に暴露されてしまいました。

「緊急事態宣言が出ていたので、店はガラガラ。

いつもの10分の1程しかお客がいなかったそうです。

一晩で10人もこなかったぐらい。

店には一応、お客同士の間に仕切りがありますが、高井さんは大きな声でしゃべっていたので目立っていた。

彼女が席につくと『ドリンク頼みなよ』と言うなど、常連の雰囲気。

人気の系列店に行ったら数十分待ちで、Xに案内されたとか。

『営業自粛するお店もあるだろうから、その前に来た』と話していました」

引用元:文春オンライン

高井議員はどうやら常連客だったようですね・・・。

『営業自粛するお店もあるだろうから、その前に来た』

と、店舗が閉まる前に行っておいたというニュアンスです。

営業自粛の意味とは・・・。

お店での様子はかなりリアルなので、ここでは自粛しておきますね。

詳しく読みたい方はこちらからどうぞ。

高井議員はA嬢を気に入り延長を繰り返し、体を触ったりディープキスをしたりと、かなりの濃厚接触をしていた様子。

ここまで赤裸々に暴露されてしまうと、さすがに気の毒ではありますね。

ですが本当にかわいそうなのは、奥様かもしれません。。

高井衆院議員の嫁が「かわいそう」の声多数

 

高井衆院議員は、実は既婚者です。

映像プロデューサーの長谷川千佐子さんというキレイな奥様がいます。

いつも笑顔を絶やさず、野党や高井議員への苦言に向き合う姿に頭が下がる、という『別格』な奥様とのこと。

こんな素敵な奥様がいながら、なぜセクキャバに行くのか・・・

奥様が完璧すぎて、とかでしょうか。

今頃奥様はどんなお気持ちなのか。

ネットでも養護する声が聞かれました。

ネットの声

やはりこれまでしっかりと高井議員を支えてきた奥様が気の毒、という意見が多かったです。

高井衆院議員は、なぜセクキャバに行ったのか?

高井衆院議員,セクキャバ,遊興,嫁,画像

お店の常連だった様子の高井議員。

なぜ奥様いながら、しかも緊急事態宣言まで出されたこの時期にセクキャバに行ってしまったのでしょうか。

――ご自身で不要不急の外出自粛を呼びかけながら、なぜこんな時にXへ?

「気の緩みです。今後はしっかりと襟を正して国会議員として活動していきます」

「夜の街」は、新型コロナウイルスの感染リスクが高いとして、小池百合子・東京都知事は3月30日に立ち入り自粛を呼び掛けている。

引用元:文春オンライン

なぜ?→『気の緩みから』

だそうです。

さらに、

4月13日午後、高井氏に話を聞いた。

当初は質問に驚いた表情を見せた高井氏

すでに詳細な証言がある旨を告げると、1時間弱の逡巡の末、こう声を絞り出した。

「反省しています……」

引用元:文春オンライン

と話したそうです。

『反省し、これからはしっかり襟を正して国会議員として活動していく』

なんだかTOKIOの山口さんの「TOKIOに戻りたい」発言を思い出してしまったのは私だけでしょうか。

この発言を聞いてしまうと、反省しているようには思えませんが・・・。

この時点では、ここまで赤裸々に暴露されてしまうとは思っていなかったのかもしれませんね。

高井衆院議員がセクキャバで遊興した日のツイートがヤバイ!

 

高井衆院議員が新宿歌舞伎町でセクキャバに行ったのは4月9日。

この日に高井衆院議員がツイートしていた内容というのがこちらです。

ロックダウンの必要性を訴えています。

緊急事態宣言出しても相変わらずの満員電車の我が国では、そうせざるを得ないのかもしれません。

とにかく満員電車をなくす政策(テレワークの徹底)を最優先すべきで、

「夜の外出自粛」では済まないと思います。

ロックダウンをしないと、「外出自粛」では効力がないということでしょうか。

まさにご本人のことですね。。。

高井衆院議員は、コロナ対応で安倍総理を激しく批判していた!

高井衆院議員,セクキャバ,遊興,嫁,画像

高井議員は、以前から安倍総理に対して危機感のなさを訴えていました。

最近はコロナ対応を巡り、政権追及で活躍していました。

例えば2月28日の国会では感染拡大が深刻化する中、連日会食を続けていた安倍晋三首相を厳しく批判。

「総理の危機感のなさが国民のみなさんを不安にしている」

「せめて今後、会食を自粛される考えはありませんか」

と力説していた。

引用元:文春オンライン

「総理の危機感のなさが国民のみなさんを不安にしている」

「せめて今後、会食を自粛される考えはありませんか」

2月28日の国会で、“危機感のなさ”で安倍総理を批判をしていたご本人が”危機感”のない行動をしてしまった、という結果に。

文春の取材にも驚いていたようですし、セクキャバでも自分のことは『ITコンサルタント』と名乗っていたようなので、きっとバレないと思ったんでしょうね・・・。

まとめ

 

高井衆院議員のセクキャバ遊興とツイートの内容についてお伝えしました。

これだけ自粛要請があり、緊急事態宣言も出されている中で、国会議員としてあるまじき行為でしたね。

自身で危機感のなさを強く訴えていただけになおさらです。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です