貧乏女子高生×小説家の歳の差恋愛物語『椿町ロンリープラネット』見どころや無料試し読み方法!

椿町ロンリープラネットとは貧乏女子高生と小説家の織りなす恋愛漫画です。

作者はやまもり美香。

親が借金を背負い賃貸アパートから追い出されてしまった大野 ふみは、父のツテで家政婦として働きながら住み込むことになりました。

住み込み先は椿のある街並みにひっそりと建つ、小説家木曳野 暁(きびきの あかつき)宅。

年齢はそこそこいったおじさんかと思いきや、暁はろくに家事をせず家にこもって書き続ける青年です。

見どころ1 大人びつつも不安定な部分をもつヒロイン

ヒロインである大野 ふみは、並の女子高校生とは思えないほど、しっかりしています。
家政婦をやりながら高校生活を送っているくらいですからね。

でも精神的にはまだまだ未熟。
自分の思い通りにならず、耐えきれないと不満が爆発してうまく繕えなくなります。
普段のしっかり者なふみが情緒面がふらつき繊細な部分が出てくるところが見どころです。

見どころ2 無関心と関心の差が激しい小説家

ふみとは真逆のタイプである木曳野 暁は、小説を書く以外たいして関心がなく、ぶっきらぼうで部屋は汚いままでした。

しかしふみが家政婦として住み始めてから少しずつ変化が訪れます。
ふみが住み込み始めたことで暁はふみと食卓を共にし、ふみとの会話が増えたことで情緒面に人間らしさが生まれました。

話が進むにつれてクールな暁に感情表現が加わり、魅力あふれるキャラクターに成長します。

見どころ3 カップル成立多し

ふみと暁は物語の中盤でカップルになりますが、本作はヒロイン達以外にも関係者が多いです。
ふみ達の関係者も紆余曲折を描かれた末カップル成立しています。

ふみと暁のカップリングにハマらなくても、他のカップリングにハマる可能性もあるかもしれません。

見どころ4 暁の過去

人間関係が希薄な暁の過去は終盤に描かれます。
本当の両親から捨てられ義理のお義父さんとは仲が良かったものの早くに亡くなってしまいます。

お義母さんと暁は互いに思い合っていたものの気持ちが通じ合わずしばらくの間連絡を取っていませんでした。
ある日お義母さんさんから荷物の引き取りを持ためられたため、暁とふみはお義母さんの元へ向かいます。
お義母さんの頑なな気持ちをふみが読み取り、暁がお義母さんの気持ちに気づけたため、関係は修復に向かいます。

親子との関係に注目するとより一層本作を楽しめます。

主要人物

椿町ロンリープラネットの主要人物をご紹介します。

大野 ふみ(おおの ふみ)

大野 ふみ(おおの ふみ)

作品の主人公で女子高生。物語の初めで17歳。高校卒業後、栄養士になるべく大学に通います。
母親は幼い頃他界。
父親と二人暮らしで慎ましく生きていましたが、父が600万円の借金を背負ってしまい住んでいたアパートを追い出されます。

その後父親のツテで小説家木曳野 暁宅で住み込み家政婦として雇ってもらいます。
元々家事は得意だったことから、暁のニーズには最初からキチンと対応できました。

ふみ本人は気づいていませんが、人を惹きつける優しさに溢れており同年代には男女問わず好かれやすいです。

みんなから好かれやすいため、結果的に暁が嫉妬する場面もちらほら。
暁の関係者からは年下ということもあり優しくされるか下に見られるかの二択になることが多いです。

しかし持ち前の大人びた性格と精神で年上とも時にしっかり意見を伝えることもあります。

総じて落ち着いておりそばにいると安心できるヒロインです。

木曳野 暁(きびきの あかつき)

木曳野 暁(きびきの あかつき)

小説家。28歳で物語中1歳歳を取り、ふみとは1世代ほど違います。
当初はふみのことを「娘」と呼び、恋人になってからは名前呼びです。

好きなものはきつねうどん。幼少の頃お義母さんが作ってくれたことに起因します。
人に無関心で友達は少ないですがイケメンです。
過去になんとなく付き合った彼女は多いものの本気にはならなかったようです。

悟郎やふみからは天然ジゴロと思われています。

本当の両親から愛されず育ったことが影響して、人との付き合い方に問題がありました。
しかしふみと一緒に過ごしていくうちにだんだん情緒面で成長していきます。

興味のないことにはとことん興味がないものの、自分の関心のあることには拘るためふみが他の人といると気分を損ねる時があります。

ふみより大人であるものの子供っぽい一面があります。

金石悟郎(かねいし ごろう)

金石悟郎(かねいし ごろう)

暁の友人兼担当編集者。

暁とは中学生の頃から一緒に過ごしていました。

軽いイメージがあるものの節度を持っています。

当初はふみは金石の家に住み込む予定でした。

相生 一心(あいおい いっしん)

相生 一心(あいおい いっしん)

ふみの通う高校に来た転校生。

10年前マラソン大会でふみに負けたことを根に持ち、しばらくの間ふみを手駒のように扱っていました。
しかしふみの事情を知ってからはパシリをやめさせ、仲のいい同級生となります。

桂 吉乃(かつら よしの)

桂 吉乃(かつら よしの)

暁のサイン会で知り合った宮本書店の店長さん。

ハキハキしており仕事中は営業スマイルを絶やしませんが、本来の性格は好きなことに熱中し、嫌いなものは徹底排除する女性で、腐女子ゲーマーです。
暁の見た目に惚れてアタックするも玉砕。
暁の家政婦としてそばにいるふみに対し正面切って嫌がらせをします。

しかし裏で嫌がらせをすることはないので単に悪い人ではなくアクが強い人のようです。

飛梅 洋(とびうめ よう)

飛梅 洋(とびうめ よう)

ふみの女友達。口が軽くて悪いですが、誰とでも仲良くなれます。学校近くのコンビニでレジのバイトをしています。一心に惹かれている様子。

鞍月 永人(くらつき えいと)

鞍月 永人(くらつき えいと)

ふみの高校に通う男子学生で学年は3年生。
人懐っこくふみの話を聞くたび感情が揺らいでしまい、抱きつきます。
それを暁に見られて嫉妬されていました。

永人自体は教師で幼馴染の大徳先生が好きであり、ふみに恋愛感情はありません。

畝田 小夜子(うねだ さよこ)

畝田 小夜子(うねだ さよこ)

金石の代わりに臨時で入った暁の担当編集者。おばあちゃん子だったのでふみと同じく人の世話を焼くのが得意です。

暁のファンであり暁と接していくうちに好意を抱きますが、暁とふみとの間に溝が生まれました。

大野 秀男(おおの ひでお)

大野 秀男(おおの ひでお)

ふみの父親。人が良く友人の借金を受け持ってしまい600万円の借金返済する羽目になりました。

借金の半分を友人が返済できるようになり、残りの300万円を返済するだけになったことで元の会社に再就職できました。

再就職後は社宅に住み始め、ふみを連れ帰ります。

暁には不信感を募らせていましたが、ふみと暁の姿を見ていくうちにお互い想いあっていることを確認し付き合うことを了解します。

戸水(とみず)

戸水(とみず)

暁の元カノで、暁とはふみの誕生日デートで訪れていた遊園地で再会。

暁を快く思っておらず付き合っていた頃の不満をふみにぶちまけていました。

ふみも戸水を好きにはなれませんでした。

椿町ロンリープラネットの漫画(マンガ)を無料試し読みできる方法!

そんな椿町ロンリープラネットは、コミック.jpで配信中!
試し読みもできるので、ぜひ読んでみてください!コミック.jpでは巻無料試し読みが可能!30日間無料となっています!
その間に解約をすれば無料でを読むことが可能となりますよ!

配信サイト 配信状況 サービスや特徴

全巻話むことが可能
30日間無料!お試し!


まとめ

『椿町ロンリープラネット』はヒロインのふみやメインヒーローの暁だけでなく、サブキャラクター同士の恋愛模様も楽しめる恋愛ストーリーです。

落ち着いた恋愛ストーリーを楽しみたい方はぜひ一読してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です