高田川部屋・勝武士の持病は糖尿病!コロナ感染経路は?28歳相撲力士の若すぎる死がショック

高田川部屋,勝武士,コロナ,感染,死去,糖尿病,28歳,相撲,力士

2020年5月13日、高田川部屋の三段目の力士・勝武士  幹士さんが、コロナ感染で亡くなったとの訃報が入ってきました。

28歳という若さで本当に悲しいですね・・・。

しかもスポーツ選手という体力のある人が、コロナにより命を奪われたということがとてもショックです。

ここでは、勝武士さんのコロナ感染経路や持病についても調査していきます。

【画像】勝武士と竜電関の仲良しバックハグ写真!関取と付け人の絆が泣ける…

高田川部屋の勝武士がコロナウィルス感染で死去

高田川部屋,勝武士,コロナ,感染,死去,糖尿病,28歳,相撲,力士

日本相撲協会は13日、新型コロナウイルス感染のため入院していた高田川部屋の三段目の勝武士さん(しょうぶし=本名・末武清考)が、

同日にコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため死去したことを発表した。

28歳だった。

引用元:日刊スポーツ

高田川部屋の三段目の勝武士さんが、コロナウィルス感染による多臓器不全のため亡くなりました。

28歳という若さでの死・・・。

本当に残念です。

勝武士の経過は?

勝武士さんは、以下のような経過だったそうです。

▽4月4、5日 38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず

▽4月4、4日 近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず

▽4月7日 近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず

▽4月8日 熱が下がらず血痰(けったん)が見られたため救急車を呼んだが、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院簡易検査の結果は陰性

▽4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院。

▽4月10日 PCR検査で陽性と判定

▽4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける

▽5月13日 死去。

引用元:日刊スポーツ

勝武士さんは4月4日に発熱。

保健所に電話してもつながらず、病院にも受け入れてもらえない状態が続き、悪化してしまったんですね・・・。

それだけ保健所にも問い合わせが殺到していて、病院もいっぱいで受け入れができなかったことと思いますが、もう少し早く入院できていれば・・・とついつい考えてしまいます。

師匠の方々も、精一杯対応されたことと思います。

【動画】勝武士は初っ切りの名人!相撲の禁じ手を面白おかしく紹介し、笑いを届けていた

高田川部屋・勝武士の持病は糖尿病!

高田川部屋,勝武士,コロナ,感染,死去,糖尿病,28歳,相撲,力士

勝武士さんは以前から糖尿病を患っていたそうです。

今から4年前の2016年には、糖尿病が原因で、取組を不戦敗するという珍事を起こしていました。

4日目の三段目の取組で、珍事が起きていた。

西54枚目の勝武士(24=高田川)は土俵下の控えで全身が紅潮して手が震え取組直前で異例の不戦敗

審判で異変に気づいた峰崎親方(元前頭三杉磯)から「相撲は取れるか」と聞かれると「できれば、このまま帰りたいです…」と訴えた。

相手の朱鷺ノ若も「審判の親方から『不戦(勝)だよ』と。ビックリした」。

峰崎親方も「初めてだよ」と驚きを隠さなかった。

引用元:日刊スポーツ

取組の直前に土俵下の控えで全身が紅潮して手が震えてしまい、取組ができなかったとのこと。

この原因が「低血糖障害」によるものだったそうです。

原因は2年前に患った糖尿病による低血糖障害だった。

当日は取組前に「エナジードリンクとチョコ」を摂取したが、薬は飲んでいなかった

定期通院しておらず、自己管理不足がたたった。

引用元:日刊スポーツ

2014年に糖尿病を患っていた勝武士さん。

不戦敗した当日はエナジードリンクとチョコを摂取し、薬は飲んでいなかったとのこと。

糖尿病は一般的に、一度なったらずっと付き合っていかないといけないと言われていますよね。

今回のコロナウィルスと関係があるかは定かではありませんが、2020年現在も持病として持っていた可能性は十分に考えられます。

薬を飲まないと普通に生活できなかったとしたら、免疫は落ちていた可能性はありますね。

岡江久美子がコロナで死去!乳がんで免疫力が低下していた?ネット悲痛の声

高田川部屋の勝武士の感染経路は?

高田川部屋,勝武士,コロナ,感染,死去,糖尿病,28歳,相撲,力士

相撲力士というと集団生活が思い浮かびますが、感染経路はどこだったのでしょうか?

勝武士さんがコロナウィルスに感染した詳しい感染経路については、現在明らかになっていません。

ネットではこんな声もありました。

買い出しで感染、は十分に考えられますね。

相撲力士といえば集団生活のイメージ。

特に幕下以下の力士は、師匠やおかみさんとともに部屋で集団生活をするのが基本です。

勝武士さんがどこでコロナウィルスに感染したかはわかりませんが、相撲協会ではかなり厳しくコロナウィルス対策をしていました。

相撲協会の定めていたコロナウィルス対策

相撲協会は
▽部屋での稽古は通常どおり行うものの今月3日からはほかの部屋への出稽古は禁止とし、力士には引き続き
不要不急の外出禁止
朝と夕方以降の1日2回、体温測定を行うことを指示しました。

さらに
行司や呼出などは部屋に通わずに自宅待機とし、床山が部屋に行く必要がある場合は公共交通機関を使わずに移動させていました。

引用元:NHK

相撲協会が対策として行っていたことは、

ほかの部屋への出稽古は禁止

不要不急の外出禁止

朝と夕方以降の1日2回、体温測定

行司や呼出などは部屋に通わずに自宅待機

●床山(力士のまげを結う人)が部屋に行く必要がある場合は公共交通機関を使わずに移動

とのこと。

基本が集団生活となる相撲部屋で、感染しないように気をつけるというのは本当に気が張ることと思います。

これだけ気を張って対策をしていても、感染者が出てしまうという、コロナウィルスの感染力の強さを感じてしまいます。

勝武士所属の部屋は2週間外出禁止!

相撲協会は、感染拡大防止のため、この力士が所属する部屋の関係者に対して22日まで2週間、一切の外出を禁止し、外部の人たちと接触しないようにする措置を取ってきました。

日本相撲協会の芝田山広報部長は22日、この部屋の力士や関係者で新たな感染者が出ていないことから一切の外出禁止の措置を23日から解除する方針です。

引用元:NHK

勝武士さんが所属していた部屋で一緒に生活をしていた力士は、4月22日までの2週間、一切の外出を禁止されていたそうです。

外部の人たちと接触しないようにということですね。

新たな感染者はいないとのこと。

他に感染者が出なかったことは、せめてもの救いですが。。。

28歳相撲力士の若すぎる死がショックとネットの声

志村けんが感染した優しすぎる理由とは?ガールズバーからヘルプメールが来ていた?

まとめ

 

勝武士さんのコロナウィルス感染による死去についてまとめました。

まだ28歳という若さでの死・・・。

本当に悲しすぎます。

ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です