競馬で1億5000万円稼ぎ起訴された馬券裁判男の今とは?本の出版やネットケイバで予想家として活躍?

競馬ファンであれば記憶に新しく世間に強いインパクトを与えた競馬投資家の勝ち馬券の脱税裁判。
一体どのような事件で事件の判決はどうなったのか、そして馬券裁判男の今について解説していこうと思います。

そもそも競馬で勝った金額の税務申告は必要?

日本では様々な公営ギャンブルが存在しています。
競馬、競艇、オートレース、競輪、パチンコ。
ギャンブルだけどもしも勝ったら税金を払わないのかいけないのか?
そんな疑問が生まれますよね。
なんとパチンコを含めて公営ギャンブルすべてに税金を支払う義務が生じるというのです。

競馬の払戻金にかかる税金は

これまで幾人かが競馬で高額利益を得て税金の無申告により起訴されてきました。
その額はみな数億円レベル。
このように馬券裁判を繰り返し法律の解釈や見解も変わってきているようです。

税務申告しないとばれる?

結論から言うとほぼばれないと言っていいでしょう。
なぜならこれまでに馬券裁判となったのは超高額利益を出している数名ほど。
競馬の馬券を購入している何千万人の監視を行うことは不可能ですし、たった数万円勝ってるだけの人に国税局がいちいち調査していたら他の仕事ができません労力に対してコストがかかりすぎます。
国税局は結局大きな利益を目的としているので小さな山には基本的に目を向けず確実に大きくとれる山を狙ってきます。

1億5000万稼ぎ起訴された馬券裁判男卍(マンジ)とは?

独自の指数を使って、2005年から2009年にかけて100万円の資金を元に、累計約35億円の馬券を購入し、約36億5000万円を払い戻して、約1億5000万円にもなる利益を叩き出した。
その際に出たハズレ馬券が経費として認められるかどうかを争った、いわゆる「馬券裁判」で全国に名を轟かせた。
なおこの裁判は2015年、最高裁で経費として認められるという判決が下されている。
現在は様々穴媒体で予想家として活躍している。

著書に『馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─』、『1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方』がある。

馬券裁判男卍(マンジ)の今とは?

世間を驚かせた2015年の馬券裁判以降彼は今は何をしているのだろう。
多額の税金に追われ苦悩しているのだろうか?
馬券裁判男卍は現在様々な競馬メディアで予想家として活動している。
有名どころであればネットケイバや競馬予想グランプリである。
さらに馬券裁判男の名前を前面に売りだし本まで出しているというではないか。

馬券裁判で多額の追徴課税を背負ったとはいえ逆にそれを味方にして知名度を上げているという強者プリである。

馬券裁判男卍(マンジ)の予想は当たるのか?

馬券裁判までなったのだからきっとすごい競馬予想なのだろうと思っていたのだが、様々な口コミをリサーチするとかなりの悪評が出てくる。

馬券裁判男卍(マンジ)の口コミ抜粋

卍の言い訳が楽しみだ。。。
普通に2400m経験してる8番ハギノピリナが馬券に絡んだけど、、、
こいつのせいで何人が的中を逃したことか┐(´д`)┌
私は、詐欺師に反抗するために複勝買ってたからよかったけど、、
デタラメで適当な事書いといて金払えやらふざけてるから、
謝罪を要求してきた┐(´д`)┌
まじ、消えてなくなってほしい。
これで的中しましたやら、流石卍さんみたいないつもの後だしがきたら、まじ消費者庁に通報する。なにが儲かる軸馬だ、、、
嘘ばっかかいて、、
あー、、イライラする

 

脱税詐欺師卍のオークスの見解。

(全馬が初めての2400mだけに「長距離」と「距離延長」の妙味度が鍵になる!)

冒頭から偉そうに書いているが。
オークスに出走する
3番パープルレディー
20210207ゆりかごめ賞2400m良→1着
8番ハギノピリナ
20210321未勝利2400m重→4着

なにが全馬初めての2400mだ(#`皿´)

出走する馬の事すらわかってないアホぶり┐(´д`)┌、
金を巻き上げる事しか考えてないのがまるわかり。

その後証拠隠滅されたけど、オークスの予想がハズレた時の言い訳まですでに書いてあった( ・`д・´)

その後だらだらと詐欺る為のうんちくが続きオチは、

この続きを見たければ金を払って会員になれだそうですよ┐(´д`)┌

こんなデタラメな詐欺うんちくに金払えとか絶対に許さないし、イラつく。

写真のせれる機能があれば、ここに晒したいよ( ・`д・´)

詐欺以下のゴミサイトだよ、まったく

 

ネット競馬は脱税を肯定するつもりなのか?

脱税した者を「馬券裁判男」などとまつりあげ予想を高額で販売。

サイトが与える影響を自覚しているのか?

悪質過ぎる。

 

脱税した者の予想を「馬券裁判男」などとうたい、予想を高額で販売しているネット競馬は脱税を肯定しているのか?

サイトの与える影響力を自覚しているのだろうか?

もしネット競馬内の卍が成りすましの偽物なら特定商取引法違反では?

どちらにせよおおよそクリーンなサイトとは言い難い。

 

現時点で卍
週間回収率62%。
最近1カ月の回収率68%。
年間回収率97%。

2021年5月26日18時に更新された
卍とK3のダービーの会談にて。

K3いわく卍の儲かる軸馬の通算回収率132%
2021年が153%。。
だそうです。

卍が本物であれば
脱税という悪質な犯罪を犯した極悪人の予想を、
かの有名な1億5000万脱税男などと表記し、予想を高額で販売しているネット競馬は極悪非道な犯罪グループであり、犯罪を正当化し助長しているので即刻解体すべきだと思う。

卍が偽物であれば、特定商取引法違反。嘘の表記をして騙してお金を巻き上げる詐欺グループであるので即刻解体すべきである。

このグループまともじゃない

平気で人を騙す潰すべき日本の恥

馬券裁判男卍(マンジ)の予想はねつ造している?

参考サイトをチェックしているとなんとネットケイバの卍(マンジ)が当たってもない予想をねつ造したという情報まで上がっている。
ここまでくるとこの予想家卍があの馬券裁判の卍と同一人物なのかさえ疑わしくなる。
 

まとめ

馬券裁判を乗り越え様々な競馬メディアで予想家として活動したり本を執筆していたりする馬券裁判男卍(マンジ)。
果たして現在の彼の予想はすべて本人のものなのか。
今後の活動にも目が離せません。
詳しくは参考にした競馬口コミ・レビューサイトに記載されていますのでご確認ください。

参考サイトはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です