AgustD「어땠을까(Dear my friend)」日本語意訳!歌詞の意味は?First Love/Spring Dayとの繋がりが泣ける!

AgustD,어땠을까,Dear my friend,日本語訳,歌詞,意味

2020年5月22日、BTSのSUGAことミン・ユンギさんが、ソロでミックステープをリリースしました。

その中に収録されている「어땠을까(オッテッスルカ/Dear my friend)」が、ユンギさんの以前のソロ曲「First Love」やBTSの「Spring Day」と繋がりがあるのでは?と言われています。

今回はその「어땠을까(Dear my friend)」の歌詞の日本語訳をご紹介するとともに、歌詞の意味、そして「First Love」や「Spring Day」との繋がりを考察していきます!

AgustD「대취타(デヂッタ)」日本語意訳!歌詞の意味は?ユンギの心の闇を考察!

AgustD「어땠을까(Dear my friend)」日本語意訳!

 

こちらがAgustDの「Dear my friend」です。

そしてこちらが日本語訳です。意訳となりますのでご了承くださいませ。

「어땠을까(Dear my friend)」

今でも相変わらず
お前が恋しくて恋しくて
今でも相変わらず
一緒に過ごした思い出が
俺の頭から離れないんだ

もしあの時お前を捕まえていたら
いや あの時お前を止めていたら
まだ相変わらず
俺たちは今も友達でいられたのだろうか
どうなんだろうか

Dear my friend 
元気でやってるのか お前は
俺はまあ 元気でやってるよ 
知ってるだろうけど まあ うん
Dear my friend 正直に言うよ
俺はお前がホントに憎いよ いまだに

今でも覚えてる 一緒に過ごした日々を
大邸で一緒に遊んだ俺らの時間と
数え切れないくらいたくさんの日々 
2人なら世間も怖くないと
話してた俺達は今 
全く別の道を歩んでる Damm

あの時を覚えてるか?
確か新沙だったよな
2人で焼酎を傾けながら
交わした俺たちの会話
世界に噛み付いて食ってやろうという
俺たち2人の抱負
大きすぎる夢を抱いた俺達は幼かったんだ 
たった20歳だった

突然だった 音信不通
しばらく経って 
知らない番号からかかってきた 
お前の両親から
その短い電話一本で すぐに駆けつけた
ソウル拘置所 安養は遠すぎた

今でも相変わらず
お前が恋しくて恋しくて
今でも相変わらず
一緒に過ごした思い出が 
俺の頭から離れないんだ

お前が変わったのか 
それとも俺が変わったのか
流れる時間さえも憎いんだ 
俺たちが変わったんだろうな まあ

なあ お前が憎いよ 
なあ お前が嫌いだよ
なあ この言葉を口にしてるこの瞬間でさえも 
お前が恋しいんだ

毎週通ったソウル拘置所 面会に行く道
往復3時間くらいかかる遠い道のりを1人通った

お前の裁判の日と お前の出所の日
雪がしんしんと降っていた冬 
白い豆腐* はっきり覚えてる

そして久しぶりに会ったお前は 
全くの別人になっていて
目がうつろなまま お前は言った
「●●●をやってみないか」って
俺は怒って暴言を吐いたよな

唯一の友達だったお前を元通りにする方法はなくて
お前は怪物になってしまった

俺が知ってたお前はいなくて
お前が知ってた俺もいない
俺たちが変わったのは単に時間のせいじゃないってわかってる

俺が知ってたお前はいなくて
お前が知ってた俺もいない
俺たちが変わったのは単に時間のせいじゃないってのがむなしいよな

今でも相変わらず
お前が恋しくて恋しくて
今でも相変わらず
一緒に過ごした思い出が 
俺の頭から離れないんだ

*白い豆腐・・・韓国では出所祝いに豆腐を食べる習慣があるそうです。

【図で解説】BigHit(ビッヒ)がプレディスを買収!本当の理由は兵役?MBCやMVのロゴについても調査!

AgustD「어땠을까(Dear my friend)」歌詞の意味は?

AgustD,어땠을까,Dear my friend,日本語訳,歌詞,意味

この「어땠을까(Dear my friend)」は、ユンギさんの親友への曲だと言われています。

改めて歌詞を読み直すと、涙ぐんでしまうほどにユンギさんの苦しみが伝わってきますね。

 

唯一、心を許していたたった1人の親友がいつの間にか変わってしまい、拘置所へ。

それでも大邸からは遠い刑務所に、毎週3時間もかけて会いに行っていたユンギさん

しかし出所する時に迎えに行くと、親友は変わり果てていた・・・。

もう別れを選択しなければならないほどに、2人の距離は遠いものとなってしまいました。

 

ですが、ユンギさんは親友とずっと一緒にいたかったんですね。

 

何年経っても忘れられない想いが、歌詞に現れています。

●親友を恋しく思う気持ち。

今でも相変わらず

お前が恋しくて恋しくて

今でも相変わらず

一緒に過ごした思い出が 俺の頭から離れないんだ

●親友を止められなかった後悔。

もしあの時お前を捕まえていたら

いや あの時お前を止めていたら

まだ相変わらず

俺たちは今も友達でいられたのだろうか

どうなんだろうか

唯一の友達だったお前を元通りにする方法はなくて

お前は怪物になってしまった

本当に大好きだったからこそ今でも忘れられず、今でも後悔が胸に残っている・・・そんな曲なのではないでしょうか。

AgustD「저 달(Moonlight/ムーンライト)」日本語意訳!歌詞の意味は?

AgustD「어땠을까(Dear my friend)」と「First Love」「Spring Day」の繋がりについて考察!

AgustD,어땠을까,Dear my friend,日本語訳,歌詞,意味

ネットではこの「어땠을까(Dear my friend)」と、過去にリリースされた「First Love」、そしてBTS楽曲の「봄날(Spring Day)」で歌われている人物が同じなのでは?と言われています。

では、この「First Love」と「봄날(Spring Day)」を掘り下げてみます。

「First Love」

「First Love」は、ユンギさんのピアノへの想と、友への想いを重ねた曲と言われています。

詳しくはこちらをどうぞ!
SUGAソロ曲「First Love」の日本語訳!歌詞の意味は?ユンギが親友を想い作った曲!

歌詞の中に出てくる、

「俺、もうこれ以上は無理そうだ」って諦めそうになるたびに言ってくれた

「お前は絶対やれるよ」って

という部分は、夢を諦めそうになるユンギさんの背中を押してくれた親友のことを指しているのだそうです。

当時はお金がなく、練習生でありながらアルバイトをして学費を稼いでいたユンギさん。

疲れがピークに達し、バイト中に肩を怪我してしまったことがあります。

その時に励ましてくれた親友のことではないかと、ファンの方の間では言われているようですね。

「お前は絶対やれるよ」

そう言ってユンギさんを励ましてくれた親友がいたからこそ、今の「SUGA」がいる・・・。

そんな想いがユンギさんにもあったのだと思います。

ユンギさんはこの「First Love」のレコーディングの時に、親友を想ってわんわん泣いたそうです。

あのユンギさんがわんわん泣くなんて、相当辛かったんですね・・・。

「봄날(Spring Day)」

そして「봄날(Spring Day)」も今は会えない友人を想い、会いたい気持ちを歌う曲です。

日本語の歌詞の中に、

僕が変わった?

じゃなきゃ君が変わった?

この流れる時に堪え

また変わるだろうな

みんなそうだろう、なあ?

という部分が出てきます。

しかもユンギさんのパート。

これは「어땠을까(Dear my friend)」のこの部分、

お前が変わったのか それとも俺が変わったのか

流れる時間さえも憎いんだ 俺たちが変わったんだろうな まあ

とリンクしますね。

『なんで変わってしまったんだ』という悲痛な思い。

何年経っても親友を忘れられない「恋しさ」と「苦しさ」が、ユンギさんの中に存在しているのかもしれませんね。

【動画】Agust DのMV 「대취타」ジンの顔がヤバイ?!グクと喧嘩で殴り合い!

まとめ

 

「어땠을까(Dear my friend)」の日本語訳や歌詞の意味、そして「First Love」「Spring Day」との繋がりについて考察しました。

やはり、この3曲は同じユンギさんの親友のことを歌った曲のように思います。

ユンギさんの中には親友への恋しさと苦しさが、ずっと胸の中にあるんですね・・・。

泣けます。。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です