ジャイロ技研のささきP(プロデューサー)ってどんな人?年齢や性格や年収など考察

当サイトでも2度ほど記事として取り上げている今人気急上昇中のパチンコパチスロ動画チャンネル「ジャイロ技研」
私もジャイロ技研のファンの1人なのだが今回は演者のジャイロさんではなくプロデューサーのささきさん(ささきP)について考察していこうと思う。

ジャイロ技研のプロデューサーささきPとは?

ささきPはジャイロ技研の発足メンバーである。
ジャイロさんが番組内で何度も話しているがささきPがいなければジャイロ技研はなかったとのこと。
というのもジャイロさん自体はともてもユニークで面白い方なのだがあくまでそれは演者としての話。
ジャイロさんには動画の編集センスや営業能力や資金力に乏しくそれを補っているのがささきPといえるだろう。
ささきPはジャイロ技研発足時から収益化されるまで無償でジャイロ技研の動画作成や編集、営業など行ってくれていた。さらにジャイロさんの実践動画の資金を貸してくれていたりと面倒を見てくれている。
いわばジャイロさんにとっては恩人であり同氏のような存在?
といっても佐々木Pはジャイロさんより10歳近く年下のはずなのですが。。
それにしてもお金を見出す目が本当にある方だと思います。
ジャイロさんに投資してすでに軌道に乗っているあたり先見の目があるといえますね。

ささきPのキャラクター

ささきPのキャラクターはジャイロさんとは真逆で攻撃的な感じに見受けられる。
青年実業家などに多いタイプの性格だと分析できる。
自分自身の能力に自信を持ちアグレッシブな営業活動をしているのが想像できる。

ささきPのジャイロ技研でのポジション

何度か動画で拝見したりライブで拝見したりしているが頭の回転が速くおそらく本人も自分自身の能力に自信を持っている。
そしてジャイロ技研動画内の話によるとお金の管理、仕事の管理、シフトの管理、ホール営業、税金関連までをささきPがしてくれているというのだから驚きだ。
それでいて資金の取り分は自らが一番少なくてもよいくらいの謙虚さがあるとのこと。

ささきPの仕事や年収や月収など

ささきPは基本的にサラリーマンであるらしい。
不動産の営業マンをしておりジャイロさん曰く部署で一番の売り上げを誇っているとか。
そのためジャイロ技研もオフレコで手伝っているようだ。
動画に出演する際もマスクにサングラスと徹底している。
ささきという苗字も本名かは定かではない。
年収や月収などの収入に関しては本業で相当稼いでいるらしい。
と、いうのも3月12日のジャイロ技研ライブ配信でかなり強気な発言でジャイロさんにライブ配信のコメント返しを教えていた際に「このライブを見ている400人の誰よりも稼いでいる自信がある」と豪語していた。
そこまで豪語するということは4桁は当たり前として4000万円台まであるだろうか?
私のお金を稼いでいるの定義は最低年収2000万円以上からで相当稼いでいるとなると5000万円近くないと自分は自慢はできない。
これは個人の感覚によって違うものなので一般的なサラリーマンの感覚だとまた少し違うのかもしれない。
それにしてもサラリーマン勤めでインセンティブで2000万円3000万円稼げる仕事があるなんて夢があるなと感じましたね。

まとめ

人気急上昇中のジャイロ技研。
その人気の秘密は演者のジャイロさんだけではなく陰で支えるささきPの力もあるのかもしれませんね。
引き続き期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です