YouTuberグループ「レペゼン地球」DJ社長が248万円かけて整形!その驚愕の施術内容を詳しく解説!


↑応援してくれたら嬉しいです☆↑

以前から顔の美容整形手術を受けることを告知していたDJ社長でしたが、お隣の国韓国でついに顔のフル整形を完了したことを報告しました。

今回はDJ社長のこれまでの活動と、今回彼が行った施術内容の詳細について解説します!

DJ社長とは?

DJ社長とは?

DJ社長は人気YouTuberグループ「レペゼン地球」の元メンバーで、現在はCandy Foxxとして活躍している人気YouTuber、DJです。

投稿動画のジャンルは多岐に渡りますが、その多くが過激なものであることから、毎度賛否を呼ぶことでもおなじみとなっていました。
最近ではゴキブリを毎日食べ続けるといったちょっと衝撃すぎるチャレンジを行うなど、今彼は何かと話題となっています。

そんなDJ社長でしたが、昨年末に「俺はジャスティンビーバーを超えて世界一になる」と豪語し、美容整形手術を受けることを発表。そして3月22日、予告通り複数箇所の美容整形手術を受けたことをTwitter・Instagramで報告しました。

DJ社長が今回行った施術内容とは?

DJ社長が今回行った施術内容とは?

では、今回DJ社長が今回行ったとされる施術内容について詳しく見ていきましょう。

DJ社長が行った美容整形のうち、目周辺の施術は、二重埋没法と目元矯正、目頭切開、目尻切開の3点です。

二重埋没法とは、切開を行わずに糸によって癒着を作り、二重ラインを作る術式です。糸を使った比較的簡便な方法ということもあり、日本でも盛んに行われている手術の1つです。

DJ社長はもともとの目は一重をしていたため、埋没法で二重または奥二重にすることによって、かなり目力がついたのではないでしょうか?

今回DJ社長はこの二重埋没法に約2,000,000ウォン(日本円でおよそ20万円)をかけており、日本での相場よりややお高めな金額だった模様です。しかし、韓国の二重手術は全切開と呼ばれる切開を伴う手術がポピュラーであり、埋没法はあまり行われないためこのお値段なのかもしれません。
また目元矯正はおそらく目つき矯正を指していると思われ、こちらは日本で言うところの「切らない眼瞼下垂手術」にあたります。この手術は、目そのものの開きを良くするための手術です。

埋没法と同様に糸を使って行うため、侵襲性が少ないという利点がある一方で、効果は永久ではなく、月日が経つにつれて元に戻るとされています。お値段は100,000ウォン(日本円でおよそ10万円)であり、埋没法とセットで行うことでかなりお得になっているようです。

また目頭切開と目尻切開は、文字通り目頭と目尻を切って、目を横に大きくするための手術です。

埋没法などの目を縦に大きくする手術と組み合わせることで、より大きな目元を作ることができます。

お値段はそれぞれ220,000ウォン(日本円でおよそ22万円)と、日本とそんなに変わらないお値段の模様。韓国の相場だとややお高めかもしれません。

動画によると、DJ社長が行った手術は、鼻尖形成と鼻尖縮小、骨切り幅寄せ、ハンプ削り、寄贈軟骨移植、プロテーゼ挿入、小鼻縮小の模様です。かなり多く感じますが、いわゆる「鼻フル」手術を行ったことになります。

気になるお値段は、鼻フルのみで500,000ウォン(日本円でおよそ50万円)かかったようです。一見お高く感じますが、日本だとこのお値段で手術を受けるのはほぼ不可能で、安くても100万円以上かかると推測されます。こんなにお値段が違うのであれば、渡韓して鼻の整形手術を受ける若い女性が後を絶たないのも頷けますね。

輪郭

DJ社長が受けた輪郭の整形手術は、頬骨縮小とエラ削り、V ライン形成という、いわゆる輪郭三点と呼ばれているものです。

この輪郭3点は頬骨やエラ、顎先の骨を切って輪郭を整える手術で、骨を切るということもあってかなり大掛かりな手術であり、麻酔の影響で術後吐き気が止まらないなど、そのダウンタイムは壮絶であるとされています。

しかしDJ社長は痛々しい姿のまま踊る姿をTwitterにアップ。術直後から何故かピンピンしている姿には、「本当に骨切ったんだよね?」「なんでこんなに元気なの…」と驚きの声が続出しました。本人曰く、「痛すぎ」とのことで、全く平気というわけでもなさそうです(笑)。

そしてかかったお値段は、11,500,000ウォン(日本円でおよそ115万円)と、骨を切っただけあって、流石の額。総額の半分近くの額が輪郭の手術の料金であることがわかります。

まとめ


↑応援してくれたら嬉しいです☆↑

DJ社長整形

しょっちゅう何かと話題を呼ぶDJ社長ですが、今回の整形手術に関してはかなり賛否両論の模様。中には「前の顔の方が良かった」「元の顔に戻して」という声もちらほら。

しかし、DJ社長は術後数日とダウンタイム真っ只中です。完成形が見られるのはまだまだ先なので、今の顔で成功・失敗を論じるのは時期尚早です。ファンの方もそうでない方も、数ヶ月は温かい目で見守りましょう。

個人的には、DJ社長はかなり伸び代のあるお顔立ちをされていたので、「腫れが引けばかなりいい感じに落ち着くのでは…?」と睨んでいます。何にせよ、DJ社長の今後から目が離せませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です