『Dynamite』だけじゃない!BTSの心に響く名曲4選


K-POPランキング

2020年最もブレイクしたといっても過言ではない楽曲『Dynamite』を生み出した、韓国のボーイズグループBTS。

2013年に韓国デビューし、2014年には日本でもデビューしました。
デビュから7年、今や韓国や日本だけでなくアメリカなどの世界中でも幅広く人気を集めています。

そして第63回グラミー賞において、『最優秀ポップ・デュオ/グループパフォーマンス部門』にノミネートされました!

そんな世界中で人気を集めているBTSの楽曲と言えば、やはり2020年に流行した『Dynamite』のイメージが強いかもしれません。

今回は『Dynamite』以外にもファンの方から人気の高い4曲をご紹介していこうと思います!

BTSの2020年大ヒット曲『Dynamite』


K-POPランキング

まずは2020年の大ヒット曲『Dynamite』からご紹介します。

2020年8月21日にリリースし、に アメリカのビルボードホット100では初登場1位を獲得し、更にはMVの再生回数は2021年2月現在8.3億回を突破しています。

そんな驚異的な記録を持つ『Dynamite』は、英語歌詞となっており世界的な人気を見据えた楽曲です。

ディスコティックなメロディーで、どこか懐かしさを感じるようなリズムがポイント。

更にMVもポップで明るい雰囲気が特徴です。

そんな『Dynamite』に関して、リーダーであるRMは「曲を聞いたたくさんの方を元気づけたい。初めてのデジタルシングルで、最初に感じた曲の印象を生かそうと英語歌詞をつけました」のコメントしていました。

歌で世界を元気つけたいといった深い意味が込められた一曲だからこそ、このような人気を集めたのでしょうね。

最近ではこのMVで着た衣装をチャリティオークションに出品し日本人のユーチューバーのヒカキンさんとお金配りおじさんの元ZOZOTOWNの社長前澤友作さんが1700万円をかけて落札したことも話題となりました!

全ての始まり!デビュー曲『NO MORE DREAM』

2013年6月13日に韓国でデビューしたBTSのデビュー曲『NO MORE DREAM』は、まず聞いておきたい一曲です。

2014年に日本デビューした際には、日本語バージョンを販売されました。

タイトルにもあるように、歌詞には夢を見つけたら迷わずに進め、夢を持って生きようという意味が込められています。メンバーが作詞作曲にも参加しております。

衣装は黒を基調としており、ロックなイメージ。

ラップが織り交ぜられた楽曲です、ラップ部分には若者に対するメッセージが深く込められています。

MV再生回数11億回!驚異の人気曲『DNA』

『Dynamite』を超える再生回数を記録しているのが、人気曲『 DNA』です。

DNAといった細胞単位で、僕と君とが出会ったのは宇宙が生まれた時から必然的だったという運命を描いた一曲です。

恋愛をテーマにしているようにも思えますが、恋愛に限らず愛という壮大なテーマを感じられます。

ポップな印象のメロディーですが、時折口笛やアコースティックギターのメロディーも含まれております。

ダンスもがっつり踊っており、聞いてもみても楽しい一曲となっています。

深い意味の込められた名曲『I NEED U』

BTSのターニングポイントとも言えるのが『I NEED U』です。

これまではヒップホップなイメージだったBTSが、雰囲気をガラリと変えた美しいメロディーが印象的な楽曲となっています。
歌詞やMVには深い意味が込められており、一時は閲覧に年齢制限がかけられたなんてことも。

そんな『I NEED U』の歌詞は、もう終わりがわかっている恋愛だと知っているはずなのに、思いを止められないという内容です。

切ない恋愛を描いた一曲で、歌詞の意味を全て見てみると相手の方はもうこの世にはいないのか?などと様々な考察がされています。
最後にはメンバー一人一人が倒れていくシーンがあるため、彼女を追って自殺したのでは?との考察もあり、楽曲、PVともにメッセージ性の強いものとなっております。

欧米でも人気を集めた『Boy with Luv(feat.Halsey)』

この曲には小さいものたちの詩というテーマがあり、一見ラブソングのように聞こえるものの少年の成長を描いた一曲です。実はこれがファンであるARMYと一緒に巡ってきた道のりを表しているのではとファンの間で話題になっていました!

ダンスの振り付けにも、これまでのBTSの楽曲に用いられた振り付けに似ているものが取り入れられています。

MVではまるでアメリカに来たかのようなポップな映画館が舞台となっており、パステルカラーな世界観で可愛らしいイメージとなっています。

実はMVでは1950年代のミュージカル映画『SINGIN IN THE RAIN』をモチーフとしております。

まるで映画化のような可愛くてポップな世界観を楽しむことができるでしょう。

まとめ

今回はBTSの人気曲をご紹介しました。

歌だけではなく、PVやダンスにも細かくメッセージ性のある楽曲が多いため是非それも踏まえて聴いてみてはいかがでしょうか?


K-POPランキング

@SBlueskynewsのツイッターではBTS、ジャニーズ、韓国アイドル、その他エンタメ情報のオリジナル考察記事の最新情報をお届けしています!新しい投稿をいち早くチェック可能!

@SBlueskynews

▼ABEMATVでBTSのライブや出演作品が無料視聴可能▼

BTSジョングクとジン出演の番組をABEMAプレミアムにて無料視聴可能!

BTSジン&ジョングク出演】一食ください #50

K WORLDチャンネル

無料で放送終了後7日間視聴できます

【放送後1週間無料視聴可能!】毎週水曜よる7時〜レギュラー放送中!※編成上、放送時間は変更となる場合がございます。

▼無料視聴体験でBTSライブを見る▼

防弾少年団 1st JAPAN TOUR 2015「WAKE UP:OPEN YOUR EYES」

2016 BTS LIVE<花様年華 on stage:epilogue>~Japan Edition~

2015 BTS LIVE<花様年華 on stage>~Japan Edition~at YOKOHAMA ARENA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です